業界関係者によると、新しい9.7インチiPadは1〜3月に、新サイズの10.5インチと12.9インチiPad Proは4〜6月に量産が始まるそうです。

新型iPadは2017年後半に発表?

ウェブサイト『DIGITIMES』が関係者から得た情報によれば、3つのiPadが発表されます。9.7インチ・10.5インチ・12.9インチの3種類です。

このうち10.5インチと12.9インチのiPadには新しいA10Xプロセッサが搭載される、とDIGITIMESは報じています。

10.5インチに関しては、理にかなったサイズであるとする主張もあります。
今年の新型iPadが10.5インチになる理由

9.7インチiPadは入門機・低価格モデルとして発売されるようです。

DIGITIMESによると、肝心の発表は2017年の下半期になります。以前の噂では「春に発表」と言われていました。
→ 新型iPadが来春に発売、「mini」に新モデル?

発表される可能性があるのは6月・9月・10月

下半期に新型iPadが発表されるとすれば、過去のパターンから考えて可能性があるのは6月・9月・10月です。

6月は下半期ではありませんが、Appleが開催する開発者向けイベント『WWDC』が毎年行われる時期です。WWDCで『iPhone 4』が発表されたこともありました。

9月と10月は、iPhoneやiPadが新たに発表されることが多いです。


現行の『12.9インチiPad Pro』は、2015年に『iPhone 6s』と同じイベントで発表され、11月に発売されました。iPhone 8と同時発表という可能性も考えられます。

今回も「mini」の情報はなし

DIGITIMESは、9.7インチ・10.5インチ・12.9インチと3つのiPadが発表される、と明確に報じており、今回もiPad miniの後継モデルに関する情報はありませんでした。

『iPad mini 4』のように、後継モデルも素っ気なく発表・発売されるのか、それとも今年も後継モデルは発表されないのでしょうか。

参考

Apple reportedly planning 3 new tablets for 2017 - DIGITIMES