tv_20170119151730.jpg

写真拡大

「あるひ もりのなか くまさんに であった」――誰もが知っている「森のくまさん」の歌。これをネタにパロディの歌詞をつけてヒットしていたお笑い芸人のパーマ大佐(23)に思わぬつまづきがあった。翻訳者が、改ざんまかりならぬとCD、DVDの販売中止を要求したのだ。あれって、作者不明のアメリカ民謡じゃなかった?

パーマ大佐はウクレレをかき鳴らして、正規の歌詞の合間に、かなり長いセリフを加えたのが大受け。めでたくCDとDVDになって、これを日本音楽著作権協会(JASRAC)が翻訳者の馬場祥弘さん(72)に送ったところ、著作権者の権利を侵害されたと馬場さんが激怒したというのだ。

パーマ大佐は、元の歌詞にある「熊さんにであった」と次の「お嬢さんお逃げなさい」の間に、「ひとりぼっちの私を 強く抱きしめた熊」とか、「人に言えない過去がある」とか「なぜ逃げるのか」も勝手に付け加えて、「スタコラサッサ」で大笑いという手法。

誰でも知っている歌詞だからこそ、違うセリフが意味を持つ。インターネットで公開されるや一気に爆発。テレビ番組にも出て、とうとう12月にはCD発売となった。馬場さんはこれに待ったをかけたわけだ。

 

もとはアメリカ民謡

そもそもこの歌は、1972年のNHK「みんなのうた」で紹介されたのが最初。編曲者の玉木宏樹氏の著書によると、当初は日本語の作詞者がわからず、作詞・作曲不明のアメリカ民謡となっていた。数年後、馬場さんが自分の作詞作曲だと申し立て認められた。しかしその後、原曲の楽譜が発見されてアメリカ民謡と分かったため、馬場さんは翻訳者となって著作権が認められている。

馬場さんは歌詞を許可なしに改変されたとして、著作者の人格権を侵害されたという訴えだ。CDの販売停止やネット上の動画の停止と慰謝料300万円をパーマ大佐とCDの発売元に求めている。損害賠償の請求もありうるとしている。ただ、これがなかなか微妙。パーマ大佐は、付け加えてはいるものの改変はしていないからだ。

これで思い出すのが、森進一さんの「おふくろさん」をめぐる作詞家川内康範さんとの争いだ。森さんが舞台で曲の冒頭にセリフを加えたことに川内氏が激怒して「歌わせない」と宣言。川内さんが亡くなった後、家族の了解を得て、ようやく森さんは歌えるようになった。

嘉門達夫はどうだった?

一方で、嘉門達夫さん(57)のように、端からパロディーだとどうなのか。91年の替え歌メドレーは80万枚もの大ヒットになったが、問題は一つもなかった。

ただし、権利を持つ出版社に、歌詞のどこをどう変えるか示して、OKのものだけをCDにしたという。手続きは踏んでいたわけだ。嘉門さんは、「曲を使って全く違うことを言うのはOK」なのだという。

では今回はどうか。

加藤浩次「CD化するとこういうことが起こっちゃう」

松嶋尚美「そんな問題かなと思う。だってあまりに有名な歌だから、誰でも気づくでしょう、パーマ大佐のセリフだと」

弁護士の見解は、改変には当たらないのではという。パーマ大佐は付け加えただけ。ポイントはパロディーと分かるかどうか。それが馬場さんにマイナスになるかどうか。もう一つ、この曲がアメリカ民謡で、馬場さんは翻訳者。しかも翻訳部分は改変されていないと。

加藤「パーマ大佐が足して、熊がすげえいいヤツになった」(笑)

宇野常寛「気になるのは、馬場さんがはじめこの歌を自分の歌だと主張していたこと。僕は原曲へのリスペクトは十分あると思う」

加藤も「パーマ大佐もこのネタを一押しにしてきたからね、できないと大変」と、せっかく芽が出た芸人に水をぶっかけたことに何やら気色ばんでいる。

坂口孝則「この程度は認められるべきじゃないか」

加藤「ね〜」