©2016MARVEL

写真拡大

2017年1月11日、香港ディズニーランド・リゾートのトゥモローランドに、マーベル映画をテーマにしたディズニーパーク初のアトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」がオープンしました。

【写真14枚】香港ディズニー「アイアンマン・エクスペリエンス」フォトギャラリー

大興奮間違いなしの『アイアンマン』のアトラクションのレポートをお送りします!

世界のディズニーパーク初! 大興奮の「アイアンマン・エクスペリエンス」

2017年1月11日に、香港ディズニーランド・リゾートにてオープンした、「アイアンマン・エクスペリエンス」。

マーベル映画をテーマにしたアトラクションとしては、ディズニーパーク初のアトラクションです。

実際に体験してきたので、個人的な感想も含めてお伝えします!

「アイアンマン・エクスペリエンス」は、香港を舞台としたライド型アトラクションで、ゲストはアイアンマンと一緒に、香港の空を飛び、上空で繰り広げられるヒドラ(悪の秘密犯罪組織)との戦いを体感出来ます。

フライトシミュレーター、3Dプロジェクション、サラウンド音声などの最新のテクノロジーを駆使し、映画『アイアンマン』の世界へと誘います。

ゲストは「スタークビジョン・グラス」をかけて、トニー・スタークの最新の発明「アイアン・ウィング」に搭乗します。

アーク・リアクターを原動力としている、香港スターク・タワーを目指し、香港の様々な景色を楽しみながらも、ヒドラと戦うという、色々盛りだくさんな内容です。

アトラクションの乗り場に行くまでには、プレショーエリアがあり、スターク・インダストリーズの歴史や、トニーの父、ハワード・スタークの発明、そしてトニーの最新の発明を目にすることが出来ます。

これらの展示も、アトラクションのストーリーに関わってくるので、見逃さないようにしてください!

ネタバレ注意!「アイアンマン・エクスペリエンス」実体験レポ

それでは、実際に「アイアンマン・エクスペリエンス」に乗った感想をお伝えします!

まず、「アイアン・ウィング・マーク8」に乗ったゲストたちを人工知能J.A.R.V.I.S.(Just A Rather Very Intelligent System)が出迎えてくれます。

「アイアン・ウィング」のドローンには、マイ・ジャーヴィスという人工知能のシステムが搭載されており、すべて彼が操作しています。

ゲストを乗せた「アイアン・ウィング・マーク8」は、思いっきり格納庫の扉をぶち破り、「スターク・エクスポ」会場を飛び出して、香港ディズニーランド・リゾートの上空を飛んで、香港の市街地へ向かいます。

目的地は、香港に建つアジア初のスターク・タワーです。

ウエスト九龍や、ダウンタウン、ランドマークの青馬大橋、ビクトリア・ハーバーを眼下に景色を楽しんでいると、何やらアラートが。

どうやら悪の秘密犯罪組織、ヒドラのロボットが、市街地で暴れているようです。

ジャーヴィスはすぐに、「スターク・エクスポ」でゲストと記念撮影をしているトニー・スタークに連絡し、トニーが駆けつけるまで、香港スターク・タワーの頂上にある、巨大なアーク・リアクターを守りに行きます。

すると、香港スターク・タワー頂上で、ヒドラのロボットに襲われてしまいます!

墜落する! と思ったところで……!!

アイアンマンとジャーヴィスは、協力して、ヒドラのロボットを倒すため、香港の街を縦横無尽に飛び回ります。

アイアンマンと同じくらい魅力的な、人工知能を持つロボットたちに注目!

ヒドラのロボットを倒し続けたアイアンマンと、「アイアン・ウィング・マーク8」は、ついに敵の本拠地にたどり着きます。

そこには、今まで襲ってきたロボットとは比べ物にならないくらい大きなロボットが……。

アイアンマンは、ゲストたちが乗っている「アイアン・ウィング・マーク8」以外の「アイアン・ウィング」たちを呼び出し、ヒドラのロボットの討伐を目指します。

この他の「アイアン・ウィング」たちも、「アイアン・ウィング・マーク8」が格納庫から出た時と同じように、出入り口のシャッターをぶっ壊して外に飛び出します。

画面下部にいる整備士たちが、ぶっ壊されたシャッターを見て、なんてことを! と言わんばかりに両手を上げている姿も映されるので、是非見てみてください。

ちなみに、「アイアン・ウィング」たちは、災害救助や、深海探査用に作られたドローンなのですが、彼らが作業用のアームでガンガン敵を殴ったりするところも、ちょっとした見所です。

物理攻撃最高。

「アイアン・ウィング」たちの協力を得て、アイアンマンと「アイアン・ウィング・マーク8」は、見事にヒドラを撃退!

「アイアン・ウィング・マーク8」は、アイアンマンに引っ張ってもらいながら、香港ディズニーランド・リゾートの「スターク・エクスポ」の会場に戻り、アトラクションは終了です。

個人的には、映画『アイアンマン』シリーズで、一番好きなキャラクターであるジャーヴィスが、大活躍してくれるのが、本当に嬉しいです。

ジャーヴィスの次に好きな、アームロボットのダミーとユーの出番も、少しだけですが、ちゃんとあるんですよ。

トニーが生み出した人工知能たちは、どうしてこうもかわいいのでしょうか……作った本人に負けず劣らず魅力的ですよね。

ちなみに、「アイアン・ウィング・ マーク8」のメインスクリーンの両端に、ジャーヴィスが映っている画面があるので、こちらも要チェックです。

スタンバイ列の展示も、アトラクションのストーリーも、アイアンマンファンでなくとも楽しめること間違いなしの、素晴らしいアトラクションです。

香港ディズニーランド・リゾートに行かれた際は、是非、アイアンマンとジャーヴィスと一緒に、香港の空を飛び回って見てください!

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

As to Disney artwork, logos and properties : ©Disney