FCソウルでプレーしていた高萩洋次郎【写真:Getty Images】

写真拡大

 元日本代表MF高萩洋次郎は、J1のFC東京へ移籍する可能性が高まっているようだ。現所属クラブである韓国のFCソウルが明らかにしている。

 FC東京は19日に、元韓国代表MFハ・デソンのFCソウルへの移籍が決定したことを発表した。FCソウル側もハ・デソンの加入を発表したが、一方で高萩のFC東京への移籍に向けた交渉が進んでいることにも言及している。

 FCソウルはFC東京から高萩へのオファーを受け、移籍に応じるべく交渉を進めているとのことだ。高萩自身もFC東京からのオファーを受け入れ、19日に帰国して本格的な交渉に乗り出すと伝えられている。

 サンフレッチェ広島で10年間以上プレーし、2013年に日本代表デビューも果たした高萩は、2015年にオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへ移籍して海外初挑戦。その半年後にはFCソウルへと移籍した。2016年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場して古巣広島や浦和レッズなどと戦ったほか、Kリーグ・クラシックではチームの4年ぶりの国内リーグ制覇に貢献した。

text by 編集部