トランプ大統領就任を目前に、ケイティ・ペリーか公共広告で訴えたメッセージとは

写真拡大

ケイティ・ペリーは、ドナルド・トランプの外国人への恐怖を煽る物言いが、アメリカがかつての闇の歴史を繰り返し始めていることの兆候ではないかと疑問視する公共広告を制作した。トランプのムスリムの登録制度を日本人強制収容の歴史と結びつけ、ノ鮖砲老り返しているのではないか?イ筏震笋鯏蠅欧けた。

ケイティ・ペリーが、ドナルド・トランプの外国人への恐怖を煽る物言いが、アメリカがかつての闇の歴史を繰り返し始めていることの兆候ではないかと疑問視する新しい公共広告の制作指揮を務めた。「憎悪を普遍化させてはいけない」とペリーは自身の9500万人のフォロワーに向けてツイッターに投稿した。

この公共広告は、89歳の日系アメリカ人であるハル・クロミヤのストーリーを語るものである。彼女は第二次世界大戦中、敵性市民として登録され強制収容所に送られた後、4年間をそこで過ごした。

「私たちは農家を営むアメリカ人でした。しかし強制収容所では憲法が保証する私たちの権利は取り上げられました」とビデオに映るクロヤマは語る。「全ての始まりは恐れと流言でした。そしてそれが日系アメリカ人への敵性市民登録につながり、次にタグとなり、そしてすぐに強制収容所になりました」。

クロヤマは語り終えると、クロヤマを演じていた女優がマスクを脱ぎ、ムスリムでありアメリカ人であるヒナ・カーンとしての本当の姿を現して、「同じ歴史の過ちを繰り返してはいけない」と訴える。これはトランプが話題にしているムスリムの登録に対する応答だ。
この公共広告の監督を務めたアヤ・タニムラはロサンゼルス・タイムズ紙の取材に対し、なぜペリーがこのプロジェクトに関わることに決めたのかを語っている(ペリーはトランプの就任式翌日の女性デモにも参加する予定だ)。

「ペリー自身も多くのアメリカ人と同じように、トランプの掲げる理想や政策に恐怖を覚えているのだと思います。そして彼女がそのことに対してできることのひとつが、この歴史の過ちが繰り返されるかもしれない状況を伝える公共広告を通して人々を、いや1人でも、啓発することなのです」。

またタニムラは、ペリーが高価な補綴マスクの費用を負担したことも付け加えた。「ケイティはいつでもマイノリティや社会の犠牲者、社会的な基準になじめない人々の声となっています。そして彼女はここ数年、政治的な活動により深く関わるようになっています」。