幹線道路に体重200キロのブタ  警察と近隣住民ら協力し捕獲/台湾

写真拡大

(苗栗 19日 中央社)苗栗県警苗栗分局によると、15日午後7時頃、苗栗県公館郷の幹線道路を1匹のブタが逆走しているとの通報があり、警察が近隣住民らの協力を得て捕獲する騒ぎがあった。

警察が現場に駆けつけた際、ブタは道路を縦横無尽に闊歩(かっぽ)。帰宅時間帯と重なり通行量が多かったことから、近隣住民らに協力を要請し、約30分かかって道路脇へと追いやり捕まえた。

体重は約200キロ。現場から約1キロ離れた養豚場で飼育されていたが、閉め忘れられたおりの門から抜け出したらしい。

ブタはその後養豚場に戻されたが、おりに入る際は必死に抵抗。ここでも警察官が協力し、おりに押し込んだ。

将来を悲観して決死の大脱走を図ったのかは分からないが、関係者によるとすでに売却が決まっているという。

(管瑞平/編集:齊藤啓介)