ネグレクトに遭っていた猫ちゃんを保護、伸び切った約2キロの毛を剃り落とすと…なんとも味のあるお顔が現れました

写真拡大

2016年12月。アメリカ・シカゴ南部の初老男性が暮らす家の地下で発見された猫の姿は、驚くべきものでした。

長い間、ブラッシングもカットもされていなかったようで、長く伸びきった毛が全身に絡まり、まるでモップのように薄汚れています。さらに、伸びた毛が塊のようになった部分もあって、いったいどこからどこまでが体なのかすら分からないほど。伸びきった毛の重さは、およそ2kgもあったそう。一体なぜ、猫はこんな悲惨な目に遭ってしまったのでしょうか。

【ネグレクトを受けていた】

海外サイト「People pets」の報道によれば、猫のシンバッドを飼っていたおじいさんは精神状態があまりよくなく、シンバッドの世話をできない状態だったのだそうです。

自治体からの通報を受けて現場へと向かったのは、反虐待協会(The Anti -Cruelty Society)の調査チーム。男性と話し、男性にかわってシンバッドの世話を引き受けるすることに同意を得て、保護したんですって。

【スタッフ「愛情を求める姿に衝撃を受けました」】

2kgの毛を剃り落とすために、シェーバーを2つダメにしたとのことですが、毛を無くしただけで、見違えるほど綺麗になったというシンバッド。

調査チームのPRマネージャー、コレット・ブラッドリーさんいわく、すっきりした姿になったことで以前よりうまく歩けるようになったシンバッドは、すぐにスタッフにすり寄ってきたとのこと。とても優しく、愛に飢えている様子に全員がショックを受けたと語っています。

【現在は新たな飼い主さんと幸せに暮らしているみたい】

委縮気味だった後ろ足の筋肉も回復し、順調に体重も増え続けていったシンバッド。現在はスタッフの1人でライターでもあるエリオット ・セラーノさんに引き取られて、毎日愛情をたっぷり注がれ幸せに暮らしているようです。

現在のシンバッドの様子は、セラーノさんのインスタグラムで見ることができます。専用のアカウントも別に持っているようなので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

これまで寂しい思いをしたぶん、めいいっぱい甘えさせてもらえるといいね、シンバッド♪

参照元:Facebook、Instagram @elliottserrano、Instagram @sinbad_cosplaycat、People pets
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る