『シン・ゴジラ』が日本映画大賞
 - (C) 2016 TOHO CO., LTD.

写真拡大

 第71回毎日映画コンクールの受賞結果が19日に発表され、日本映画大賞に『シン・ゴジラ』が、それに次ぐ日本映画優秀賞に『この世界の片隅に』が選ばれた。

 毎日映画コンクールは毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社が主催する映画賞で、戦後間もない1946年にスタートした。『シン・ゴジラ』は日本映画大賞のほか、女優助演賞(市川実日子)、美術賞の3冠を達成。女優・のん(旧:能年玲奈)が声優を務めたことでも話題のアニメーション映画『この世界の片隅に』は実写映画を抑えて、日本映画優秀賞と音楽賞(コトリンゴ)を受賞。主に芸術的なアニメーションに贈られる大藤信郎賞にも輝いた。『君の名は。』はアニメーション映画賞に選ばれた。

第71回毎日映画コンクール 主な受賞結果は以下の通り。

■作品部門
日本映画大賞:『シン・ゴジラ』
日本映画優秀賞:『この世界の片隅に』
外国映画ベストワン賞:『ハドソン川の奇跡』

■監督賞・脚本賞
監督賞:西川美和『永い言い訳』
脚本賞:向井康介『聖の青春』

■俳優部門
男優主演賞:本木雅弘『永い言い訳』
女優主演賞:筒井真理子『淵に立つ』
男優助演賞:香川照之『クリーピー 偽りの隣人』
女優助演賞:市川実日子『シン・ゴジラ』
スポニチグランプリ新人賞:毎熊克哉『ケンとカズ』
スポニチグランプリ新人賞:中条あやみ『セトウツミ』
田中絹代賞:松原智恵子

■アニメーション部門
アニメーション映画賞:『君の名は。』
大藤信郎賞:『この世界の片隅に』

(編集部・中山雄一朗)