朝鮮人民軍第233軍部隊直属区分隊を視察した金正恩氏(2017年1月19日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)第233軍部隊直属区分隊を視察した。19日、朝鮮中央通信が報じた。軍部隊の視察報道は今年初となる。視察は19日付の労働新聞1面でも報じられたが、通常の視察報道と違い、兵士との記念写真のみが掲載された。

金正恩氏は視察で、「偉大性教育と金正日的愛国主義教育、信念教育、反帝・階級教育、道徳教育を斬新かつ実質的に行わなければならない、兵士の政治的・思想的力よりも強い武器はこの世になく、人民軍が思想をとらえてこそ敵との戦いで勝利することができる」と語った。

また、「中隊で訓練を実戦の雰囲気の中で行って軍人たちを剛毅な精神力と頑強な闘志、高い戦闘能力と資質を身につけた勇猛な一当百の万能兵士にしっかり準備させており、高度の臨戦状態で寝ても覚めても戦いの準備だけを考えながら武器、戦闘技術機材の経常的な戦闘動員準備を抜かりなく整え、前哨と陣地を難攻不落の要塞にさらに打ち固めている」と満足した。

視察には、朝鮮人民軍の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李永吉(リ・ヨンギル)の両氏が同行した。