f(x) ルナ&EXID ハニ&MAMAMOO ソラ、コラボ曲「HONEY BEE」各種音楽配信チャートで上位にランクイン

写真拡大

f(x) のルナ&EXIDのハニ&MAMAMOOのソラのコラボ新曲がベールを脱いだ。

売れっ子ガールズグループたちのコラボで話題を集めたルナ&ハニ&ソラの新曲「HONEY BEE」の音源が19日0時に公開された後、各種のリアルタイム音楽配信チャートの上位にランクインした。

「HONEY BEE」は公開直後、Mnet 2位、Olleh Music 3位、genie 8位など、主要音楽配信チャートで10位以内にランクインし、視線を引きつけた。音源と共に公開されたミュージックビデオも反応が熱い。ボウリング場やバーを背景とするミュージックビデオの中で、ルナ&ハニ&ソラはそれぞれセクシーな表情とポーズ、視線を引きつけるジェスチャーで魅力をアピールした。

3人共に素晴らしい歌唱力はもちろん、最高のケミ(ケミストリー、相手との相性)、完璧なパフォーマンスを披露し、ビジュアルと実力を兼ね備えた最強のコラボであることを証明した。

ルナ&ハニ&ソラの「HONEY BEE」はどっしりとした808(超重低音) ベースときらびやかなサックスのサウンドをベースに、トレンディながらも中毒性の高いメロディを添えたポップソウルジャンルで、甘いハチミツを武器に相手(ハチ) を誘惑する挑発的ながらも可愛い歌詞が印象的だ。

様々な音域を持つ3人のボーカルが相乗効果を発揮し、さらに華やかながらも完成度の高い曲を誕生させ、これまで所属していたグループとは違う、新たな魅力をアピールし、ルナ&ハニ&ソラのコラボならではの新鮮な楽しさを与えた。

この曲の企画と「HONEY BEE」の曲作業は、昨年miss Aのスジ&EXOのベクヒョンの「Dream」と、エディ・キム&イ・ソンギョンの「私の唇、温かいコーヒーのように」などを相次いでヒットさせたパク・グンテプロデューサーが手がけた。