寛政元年創業の老舗・鎌田醤油から、黄金バランスの「醤油アイス」が登場

写真拡大 (全2枚)

アイスクリームのちょい足しに人気の醤油。キャラメルのような、みたらし団子のようなつかしい風味になりますが、じつはアイスと醤油のバランスがむずかしい......。そこでうれしいのが、すでに黄金バランスを実現してくれている、創業寛政元年の老舗店「鎌田醤油」の「醤油アイス」です。
歴史ある醤油店の新しい取り組み
「鎌田醤油」といえば、有名なのが「だし醤油」。食卓の定番調味料だという人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、販売開始から50年の歴史があり、また累計販売本数約4億個を記録するというロングセラー商品なのです。そんな「いつもの味」をつくり続けている会社から生まれたアイスだから、口にも馴染みやすそう。
原材料のベースとなっているのは、鎌田醤油自慢の国産丸大豆100%の本醸造特級醤油と、それに一番相性の良い北海道十勝の乳牛から搾ったフレッシュな牛乳、そして北海道産のこだわりの卵です。乳化剤・安定剤・着色料・香料も無添加で、自然素材にこだわってつくられています。
絶妙なバランス。こだわり尽くされたアイス
公式通販サイトをみてみると、醤油だけでなくそのノウハウを生かしてつくられた「だしソース」といった目新しい商品も。歴史を大切にしながらも、新しいことに常にチャレンジする姿勢が垣間見えます。そして今回生まれた「醤油アイス」ですが、鎌田商事商品開発担当者によると「醤油の風味が主張しすぎてもしなくてもいけない、その絶妙なバランスをとるのに苦労しました」とのこと。また「乳化剤不使用にもかかわらず、なめらかな舌触りを実現しました」ともコメントされています。

そんなこだわり尽くされたアイスの気になるお味は、まるで塩キャラメルのよう。一口食べれば、上品な甘さが口いっぱいに広がります。濃厚ながらもくどくなく、後味はさっぱり。バランスをとるのに苦労したというのにも頷けました。
そのままいただくのはもちろん、すりごまをトッピングしたり、あずきと一緒にいただいたり、大学いもにのせて食べても美味しそうですね。
昨年開催されたイベントでは1日2か所、合計で約1,400個が完売され大きな反響を得たという「鎌田醤油」の「醤油アイス」。
2017年1月19日(木)から2月28日(火)まで限定で、特設サイトにて販売中です。
[鎌田醤油, 鎌田醤油公式通販サイト, 特設サイト]