ベン・アフレック自身も「お気に入り」と公言 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 「アルゴ」「ゴーン・ガール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のベン・アフレックが、天才的な頭脳と百発百中の狙撃術を誇る暗殺者でありながら、表向きは平凡な会計士を演じる男に扮したサスペンスアクション「ザ・コンサルタント」の特別映像が、公開された。

 会計士として活動するかたわら、世界中の闇組織の“財務係”を務め、裏社会にその名をとどろかせるクリスチャン・ウルフ(アフレック)。ある日ロボット工学会社の財務調査を引き受けたウルフは、重大な不正を見つけたことから何者かに命を狙われる。「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリックがウルフと共に事件に巻き込まれる会計係デイナ、「ラ・ラ・ランド」のJ・K・シモンズがウルフを追う捜査官レイに扮する。

 映像は、謎めいた主人公ウルフの正体に迫りつつ、常人離れした戦闘力を明かす内容となっている。本作ではウルフの過去が重要なキーとなっており、映像中でも「息子さん(ウルフ)は天才だ。アインシュタインやピカソと同じで計り知れない能力がある」と言及されている。このセリフからウルフの頭脳は天性のものと推測できるが、戦闘スキルに関しては「(ウルフの)父親は軍人で、彼を溺愛し武器の扱い方を教えた」とギャビン・オコナー監督が語っており、父親仕込みということが判明する。

 映像には、ウルフが敵をあっという間に背負い投げて銃で仕留める姿や、ナイフを持った相手を素早い身のこなしでかわし、的確に急所を突いてたたきのめす様子、怪力を発揮し、敵をトイレの洗面台にぶつけて再起不能にする戦闘シーンが収められている。「今まで演じた役とまったく違う。お気に入りだよ。銃の腕に長け、強いんだ」と興奮気味に語るアフレックは、撮影に入る数カ月前からトレーニングを積み、ほとんどのスタントを自らこなしたという。ヒロインに扮したケンドリックも「この役のベン(・アフレック)は最高よ。すごくリアルなの」となりきりぶりをたたえている。

 「ザ・コンサルタント」は、1月21日から全国公開。