フラッシュ、バットマン、ワンダーウーマンがそろいぶみ!
 - (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 「バットマン」や「スーパーマン」で知られるDCコミックスの人気ヒーローが集結するアクション大作『ジャスティス・リーグ』から、バットマン(ベン・アフレック)とワンダーウーマン(ガル・ガドット)に加え、“地上最速の男”フラッシュが正式に登場する新ビジュアルが公開された。

 ジャスティス・リーグは、マーベルコミックスの「アベンジャーズ」よりも早い1960年に原作コミックが発表されたスーパーヒーローチーム。本作では、二大ヒーローが激突した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』における戦いで“最強の男”を失った地球を守るべく、バットマンとワンダーウーマンが特殊能力を持つ者たちを集めた究極のチームを結成。新たな強敵との戦いに赴く。

 以前から公開されている特別映像では、「友達が欲しい」という軽いノリでチーム入りする姿が描かれたフラッシュことバリー・アレン。演じるエズラ・ミラーは彼について、「ちょっと天然で大人たちを少しイラッとさせるんだ(笑)。ビートルズでいえばリンゴ・スターって感じのキャラクターだね」と説明する。

 まだまだ若く青臭い印象のフラッシュだが、歴戦の勇士であるヒーローたちと並び立つ姿は、ジャスティス・リーグの中心メンバーとしての活躍を期待させる。エズラいわく「バットマンなみに不機嫌」という怪力で無愛想な海の王者アクアマン(ジェイソン・モモア)や謎多き男サイボーグ(レイ・フィッシャー)など、クセ者ぞろいのメンバーの中にあって、ちょっと天然で一人ぼっちな好青年は、さわやかな清涼剤としても映画を盛り上げることになりそうだ。

 メガホンを取るのは『バットマン vs スーパーマン』のザック・スナイダー監督。孤独に生きるヒーローたちは果たして団結することができるのか。そして、その最強のチームでさえ危機に陥る脅威とは一体何なのか。期待が高まる。(編集部・入倉功一)

映画『ジャスティス・リーグ』は今冬公開予定