iPhoneがたちまち全天球カメラに!バッテリー内蔵で単体でも撮影OK

写真拡大

パソコン本体およびスマートフォンなどの周辺機器を扱うアスク(東京都千代田区)は、中国Shenzhen Arashi Visionの「Insta360」ブランドから、LightningコネクターでiPhoneと接続する360度ビデオカメラ「Insta360 Nano」を2017年1月下旬に発売する。

単体での撮影も

ディスプレイで確認しながら、手軽に360度の全天球写真・動画の撮影ができる。

前後に備えた魚眼レンズはF値2.0で、解像度3040×1520ドットの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリ「Insta360 Nano」からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や動画投稿サイト「YouTube」などにアップロードできる。

800mAhバッテリーを内蔵し、単体での撮影にも対応。記録メディアはmicroSDカード(別売)を採用する。

なお、製品パッケージは簡易型VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)ヘッドマウントディスプレイとしても使用でき、撮影した映像をVRコンテンツとして楽しめる。

市場想定価格は2万円台前半(税別)。