専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第88回


 その昔、ゴルフと言えば「接待」と言われたバブリーな時代がありました。

 映画やテレビドラマなどでよく見たことのある、俳優・森繁久彌が演じるような社長への接待は、お車でのお迎えから始まります。予算がある会社はハイヤーなどを手配し、ないところは接待する側の社員らが車を用意して、その社長の家まで迎えに行きます。社長をピックアップしたら、ゴルフ場へ向かって懇親ラウンドがスタートします。

 接待系の名門コースには、『運転手控え室』までありました。ハイヤーの運転手さんは、接待されるお客さまや社長がラウンド中、そこで将棋を指しながら待機することができたのです。かつては、それぐらい接待ゴルフが多かったんですね。

 社長さんへの接待は、ゴルフが終わっても、さらに続きます。ラウンド後の夜は、まずは高級レストランで食事ですね。それから相手のランクに応じて、銀座や六本木のクラブに行って、ホステスさんと楽しいストロベリートークを展開します。

 すさまじいものになると、その後は高級ソープへ、なんてこともあったそうです。もう裸同士の付き合いとなれば、お願いする案件もスムーズに通るってものでしょう。

 それにしても、何ゆえ"接待ゴルフ"が高度経済成長以降、すごく流行ったのか。

 答えはわりと簡単です。それは、日本の名だたる企業が自らゴルフ場を所有していたからです。

 ゴルフ場を持っているのですから、それを使わない手はないです。どうせ自前のコースですから、広い意味でタダみたいなものでしょう。「うちはコースを持っているぞ」と、自慢するのも目的のひとつですね。

 そんなふうにして大企業がコースを持って接待ゴルフをする一方で、その下のランクの企業は、おおよそ会社でゴルフの『法人会員権』なるものを購入。それを役員クラスに分け与えて、こちらも自由に接待ゴルフをしていましたね。

 その当時、ゴルフだけは接待交際費で認められる風潮がありました。これが、テニスやスキー、スキューバダイビングなどでの接待となると、なぜか経費で落とせない。そういう理由もあって、接待ゴルフが横行したのです。

 しかし今では、すっかり接待ゴルフも鳴りを潜めました。代わりに、最近では"ステルス接待"なるものが増えてきています。

 これは、接待される側が気づかないというもの。それじゃ、接待する意味がないと思うのですが......。要するに、今やゴルフが大衆化して、おごられても有難く思われなくなっています。であれば、大事な取引先の方とか社長さんにはコンペなどで気分よくなってもらおうと、それも自力で優勝したと思わせることによって、より親睦を深めようと考えられたものです。

 じゃあ、ステルス接待はどうやるのか。

 2〜3組のミニコンペなどでは、大事な取引先の方、接待する社長さんをトップスタートにします。そして、ニアピンやドラコンなど、社長さんが最初に権利を得た状態となったら、後続の組はその権利を決して奪わないようにします。

 つまり、ニアピンの場合、10mにつけた社長さんより近くに寄せたとしても、ニアピンの旗に名前を書き込んだりはしません。ドラコンも同様です。社長さんがたとえ200ヤードしか飛ばなかったとしても、後続は名前を書き込まず、そのまま社長さんにドラコンを与えてしまうのです。

 もちろん、社長さんがドラコンやニアピンの権利を取れなかったら、バラします。そこまでは面倒を見きれませんからね。

 ただし、最終結果においては、とんでもない操作をして社長さんを優勝へと導きます。

 通常ミニコンペなどでは、順位を新ペリアというルールで決めることが多いです。これは、18ホール中、12ホールを隠しホールとしてピックアップし、その12ホールで叩いた場合、高いハンデがつく仕組みになっています。細かい計算方法があるのですが、簡単に言えば、隠しホールでダブルボギーやトリプルボギーを叩けば高いハンデを得られ、優勝する確率が高くなります。

 そして本来、隠しホールはコース側しか知らないので、どこで叩けばいいかわかりません。しかし、ステルス接待ではそれを逆手にとって、接待する社長さんのスコアを予め見て、社長さんがダボやトリプルを叩いたところをハンデホールにしてしまうのです。

 さすれば、ゆっくりとお風呂につかっていた社長さんがコンペの表彰式に出る頃には、すでにエクセルによって計算を終えたスコア集計も完了。社長さんの優勝が決定、という段取りになります。

「オレ、『98』も叩いたのに優勝かぁ〜。なんか悪いなぁ〜」

 最初はそう言って、社長も恐縮するでしょう。でも......。

「いえいえ、隠しホールが見事にはまって、ハンデ28もついていますから。社長、運を持っていますね!」

 なんて言ってあげれば、社長もまんざらではないでしょう。

 どうです? "接待"されたことにはまったく気づかず、優勝トロフィーをもらった社長はご満悦です。その後の取引にも少なからず好影響をもたらしてくれるのではないでしょうか。

 こういうステルス系の接待は、大手広告代理店ではごく当たり前のこととして行なわれています。いろいろと考えるものですね。

 日本ではリーマンショック以降、急激に接待ゴルフが廃れましたが、ゴルフが好きな方々は「親睦」と称して接待ゴルフをしたがります。でも、今やそれは、普通にラウンドをして、どちらかがプレー代を持ち、帰りにお土産を渡す程度のことです。接待されれば、次は接待されたほうが接待返しをする、という感じです。

 まあ、お互いに「接待」という名目であれば、タダでゴルフができるというメリットもあります。そこは、健全っちゃ、健全ですけどね。

 ところで、古き良き接待ゴルフですが、今の世の中、接待系のコースを企業が持っているなんて「けしからん」といった風潮もあり、そうしたコースもほとんど消えていっています。たとえ所有していても、一般に開放しているのが常です。

 そこでオススメなのが、そういうバブリーな接待系コースにネット予約で行くこと。これが、結構楽しいです。昔、口説けなかった高級クラブのお姉ちゃんが、すごく安いスナックで働いている感じでしょうか。

 昔はステータスを振りかざし、値段も高くて行けなかった"名門コース"。かつてプレーできなかった恨みを、今こそ晴らそうではありませんか。

 だからって、コースで立ちションをしてはいけませんよ。その恨み、スコアでしっかり返すのが、ゴルファーってものです。

■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa