北朝鮮の政府・政党・団体は18日、朝鮮半島の統一を実現するための全朝鮮民族に送るアピールを発表した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

アピールは、「今年は7・4共同声明発表45周年と10・4宣言発表10周年に当たる年だ」と指摘しながら、「全同胞が、民族自主と大団結の旗印をより高く掲げて統一の前途を力強く開いていこう!」と主張した。

さらに、「南朝鮮当局はわれわれの自衛的行使について頭ごなしに言い掛かりをつけるのではなく、北南間の軍事衝突を防止し、緊張を緩和するためのわれわれの真剣な努力に肯定的に応じろ」と、韓国の対北姿勢を非難した。

そのうえで、「米国は、わが共和国の強大な威力と大勢の流れを直視して時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回する勇断を下せ!」と米国も非難した。