EXO カイ、ドラマ「やばい学校」の主演に抜擢…18才の高校生に扮し思春期に揺れ動く心の成長を熱演

写真拡大

EXOのカイが「やばい学校」の男性主人公にキャスティングされた。

カイはKBSが2017年、新しく披露する事前制作ドラマ「やばい学校」(演出:パク・ギホ、脚本:パク・ソンジャ、クォン・キギョン、制作:ユビカルチャー/ジオフィルム) で茶目っ気あふれる反抗期にさしかかった18才の高校生シギョン役に抜擢された。

「やばい学校」は、典型的な都市っ子であるシギョンが田舎に転校し、慣れない環境を乗り越え、価値のある人生と真の愛の意味に気付いていく、成長の物語を描くハートフルドラマだ。

劇中でカイは、母親を騙し続けたせいでソウルを離れ、田舎の学校に転校する18才の高校生シギョン役に扮する。彼が転校した学校はホスピス病棟でボランティア活動をしなければならず、シギョンは生と死の境界に置かれた患者を通して人生の真の意味に気付き、奇跡のような愛の力を信じることになる。

カイは「やばい学校」で18才少年を演じ、反抗的で荒い魅力と共に激しい変化の中で揺れ動く人物の複雑な内面を描き、視聴者に共感を与える役どころだ。

制作会社のユビカルチャーは「K-POPシーンでトップとして活躍しているEXOのメンバーカイの出演は、視聴者の関心を高めると思う」と話し「これまであらゆる世代が一緒に見られるドラマがあまりになかっただけに、トレンディーな面白さとともに心温まる感動のメッセージが入った良い作品を作るため、制作陣と俳優が一丸となってベストを尽くしている」と伝えた。

「やばい学校」はKBSを代表する成長ドラマ「四捨五入(パンオリム)」を誕生させた脚本家パク・ソンジャ、クォン・キギョンと「花を咲かせろ! イ・テベク」を演出したパク・ギホプロデューサー、そして「ラブオン・ハイスクール」を手がけたユビカルチャーが制作を担当し、再び面白さと感動を与える名作が誕生すると期待される。

「やばい学校」は2017年を“デジタル元年”と宣言したKBSが事前制作するドラマで、視聴者のさまざまなニーズに応じるコンテンツを披露する予定だ。