『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル

写真拡大

1996年にシネマライズをはじめミニシアター系で公開され、大ヒットを記録した『トレインスポッティング』。それから20年。続編である『T2 Trainspotting』の邦題が『T2 トレインスポッティング』に決定し、ポスタービジュアルが解禁となった。

エリザベス女王即位60周年記念のイギリス映画ランキング第1位は『トレスポ』

90年代ポップカルチャーの代名詞的作品で、社会現象まで引き起こした本作。その続編が、主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジとオリジナルのキャスト&スタッフが再結集し、20年の時を経て帰ってくる!

舞台はスコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げし20年ぶりにオランダからこの地に舞い戻ってきたマーク・レントン(ユアン・マクレガー)。表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド(ユエン・ブレムナー)。刑務所に服役中のベグビー(ロバート・カーライル)。モノわかりの良い大人になれずに荒んだ人生を疾走する彼らが再会! はたしてどんな物語が繰り広げられていくのか?

解禁となったポスタービジュアルは、「僕らが選んだー20年後の未来」というキャッチコピーとともに、前作から20年経ったスパッド、レントン、ベグビー、シック・ボーイのオリジナルメンバー4人が、それぞれトイレからこちらに視線を向けているモノクロビジュアル。トイレと言えば、前作のレントンが体ごと便器に入り込むシーンが有名だが、そんなシーンを彷彿とさせるビジュアルに、前作が公開された“あの頃”を思い出すファンも多いだろう。

『T2 トレインスポッティング』は4月8日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。