気になる男性とLINEをしているときは、ドキドキして楽しいですし、ずっと話していたいとも思うものでしょう。

さらに、そこで上手に男心を揺さぶることができれば、思わず告白をしたくなるような気分にだってなるかもしれません。

そこで今回は、男子に上手に「告白させる」LINEテクニックを紹介します。

 

■しっかりと「好意」を感じさせる

男性はプライドが高い上に、恋愛に対しては臆病でもあります。なので、「もしもフラれたらどうしよう」という思いが邪魔をして、なかなか告白をする勇気が持てないというケースが多いです。

ある程度は「好意」が感じられて、フラれる可能性が低そうであるという確信が持てないと、男性は一歩を踏み出しにくいもの。「○○くんと話していると楽しいな」などとさりげなく言ってみたり、頻繁にLINEを送ってみたりすると、男性もあなたの「好意」に気づいてくれやすくなるでしょう。

 

■多少の「プレッシャー」を与える

仲良くLINEで会話をすることが多くなっても、いつまでも男性が肝心の告白をしてきたりしない場合は、ちょっと嫉妬をさせてみたりして、多少のプレッシャーを与えてみるのもひとつの手です。

他の男性の名前を出してみたり、食事に誘われたりなどと言ってみたりすると、取られたくないという思いが働く可能性は高いです。ただ、やりすぎてしまうと、男性を怒らせてしまったり、尻軽女のような印象にもなってしまったりしかねないので、あくまでもさりげなく少しだけプレッシャーを与えてみる程度にしておくべきでしょう。

 

■「2人きり」になろうとする

「2人きり」というのは、やはり男女の仲を一気に縮めるものですし、お互いに相手を意識せずにはいられない状況でもあります。なので、自分と2人きりになろうとしてくる女性には、男性も特別な思いを抱きやすいです。

「今度ふたりで食事に行こうよ」とか「一緒にあの映画観に行かない?」など、「2人きり」へのお誘いをさりげなくしてみると、男性はかなりドキッとするはず。「ふたりで行きたいってことは、俺のこと好きなのかな?」と、男性は間違いなく感じることでしょう。

 

■「あなただけ」と伝える

自分のことを特別視してくれる女性のことは、男性も特別な目で見るようになりやすいです。「他の男性とは違う」という特別扱いに男性はとても弱いですし、心も奪われてしまいやすいのです。

「こんなこと○○くんにしか言えないんだけど」とか「○○くんにだけは何でも話せる」なんて言ってあげると、男性は確実に喜んでくれますし、あなたを意識するようにもなるでしょう。自分への思いも伝わってくるので、告白へのハードルもかなり下がるはずですよ。

 

気になる男性に「告白をさせる」ためには、まずは女性から好意を示してあげることが一番重要です。程よく好意を見せてあげることができれば、男性も行動に移しやすくなることでしょう。

【画像】

※ Katsiaryna Pakhomava/shutterstock

【関連記事】

※ ムラムラしちゃう…!男子をエッチな気分にさせる「おやすみLINE」4つ

※ 愛されている証拠♡男が「本命彼女」だけに送るLINE3つ

※ 年上男子のハートを鷲掴み!年下女子だからこそできるお色気テク

※ 血液型別【チャラ男】ランキング!第2位のAB型は自己満足が魅力的に見える…

※ 脈ありっぽいけど…なかなか告白してこない男の本音4つ