「ぼくと魔法の言葉たち」ポスタービジュアル (C)2016 A&E Television Networks, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー映画で失った言葉を取り戻した少年を映したドキュメンタリー「Life, Animated」が、「ぼくと魔法の言葉たち」の邦題で4月の公開が決定、ポスタービジュアルがお披露目された。

 自閉症により2歳の時に突然言葉を失ってしまった少年・オーウェンが、両親の深い愛情とサポートのもと、大好きなディズニー映画を通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく前向きに生きる、現在のオーウェンの姿を映し出すドキュメンタリー。ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督が、2016年のサンダンス映画祭で監督賞を受賞、これまでに世界の映画祭で12の映画賞ノミネート、11の受賞を果たしている。

 サスキンド家の次男オーウェンは、2歳から言葉を失い、7歳になる頃まで、誰ともコミュニケーションを取れなくなっていた。父は、ある日、オーウェンが発する意味不明のモゴモゴとした言葉が、実は彼が大好きなディズニー映画「アラジン」に登場するセリフであることに気づく。5年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、一家はディズニー映画を用いてオーウェンの言葉を取り戻すための作戦を始める。

 「ぼくと魔法の言葉たち」は、4月上旬からシネスイッチ銀座他で全国順次公開。