画像

写真拡大

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、IMJをデジタルリードエージェンシーとして選定した。今後IMJは、日本市場におけるフォルクスワーゲンのデジタルマーケティング領域を支援する。

 アイ・エム・ジェイ(以下、IMJ)は、2017年1月1日より、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(略称:VGJ)のデジタルリードエージェンシーとなった。今後、IMJは、日本市場におけるフォルクスワーゲンのデジタルマーケティング領域を支援する。

 今回の選定にあたり、VGJは「自動車購買プロセスは大きく変化しており、従来のマス広告や店頭を中心としたマーケティング活動だけでは、急速かつ複雑な変化に対応できません。顧客体験および、購買プロセスに革新をもたらすデジタルマーケティングの重要性は、かつてないほど高まっています。市場より一歩先んじた体験をお客様に提供すべく、デジタルマーケティング専業のIMJによる支援を期待しています」とコメントをしている。

MarkeZine編集部[著]