『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』が日本版GPSとも呼ばれる、準天頂衛星システム『QZSS』に対応していることが分かりました。

GPSとQZSSで現在地の測位精度が向上

GPSを使って現在地を正確に測定する場合、4つ以上のGPS衛星からの電波をiPhoneでキャッチする必要があります。

しかしGPS衛星の位置・iPhoneを使っている場所によっては、その電波はビルや山に遮られてしまいます。

これを解決するのが準天頂衛星です。準天頂衛星はGPS衛星と同じ電波を送れるので、足りないGPS衛星の代役を務めます。

さらにその名前の通り、衛星が日本のほぼ真上に位置するので、電波がビルや山に遮られにくいようになっています。

加えて、測定の誤差を修正するための情報も送信しているので、現在地を測定する精度が向上します。

現在は初号機である衛星『みちびき』が運用されています。

iOS 10.2以上で利用可能に?

ウェブサイト『iをありがとう』によれば、『iOS 10.2』のリリース後にQZSSへの対応がAppleのウェブサイトに明記されたそうです。

iOS 10.2はiPhone 7の発売後にリリースされています。そのため、いまお使いのiPhone 7はiOS 10.2にアップデートされていないかもしれません。

iOS 10.2にアップデートすることでQZSSに対応するのか、それとも元から対応しているのかは不明ですが、アップデートしておきましょう。
『iOS 10.2』正式リリース! 気になる変更点は?

ちなみにiPhone 7/7 Plus以外のiPhoneはQZSSには対応していません。

参考

iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)【ニュース】iPhone 7/7 PlusとApple Watch Series 2が、日本の衛星測位システム QZSS(準天頂衛星システム みちびき)に対応。より正確な位置情報を取得可能に - iをありがとうJAXA 準天頂衛星システム Home