パルコが、3月から在宅ワーク制度を導入することを発表した。2017年1月1日の育児・介護休業法などの改正にあわせ、同社の育児・介護支援制度の拡充を図り、多様な働き方を支援していく。

 在宅ワーク制度は、中学校就学前までの子を育児中の社員や、介護中、妊娠中、継続して通院するなど時間制約がある正社員及び契約社員が対象。週2日までの在宅勤務が可能で、1日のうちで事務所勤務と併用して週15時間まで時間単位の在宅勤務をすることもできる。そのほか、介護休職期間の延長や、介護または育児のための勤務時間短縮の上限の緩和など、育児・介護支援制度を拡充。パルコは、時間制約のある社員が業務を行う機会と環境を整えることで、個々の貢献度や満足度、組織や企業としての成果を高めること目指す。