16日、中国の春節連休が目前に迫る中、韓国の旅行関連業界は中国からの観光客誘致に腐心している。写真はソウル。

写真拡大

2017年1月16日、環球網によると、中国の春節(旧正月)連休が目前に迫る中、韓国の旅行関連業界は中国からの観光客誘致に腐心している。

韓国観光公社の予測では、今年の春節シーズンに韓国を訪れる中国人観光客の数は前年同期比4.5%増の延べ14万人にとどまる見通し。業界関係者からは伸び幅が例年に及ばないことを心配する声が上がっており、増加が期待できる個人客に重点を置いたプロモーション活動が行われている。この一方で、重度の中国依存から脱しようと日本や東南アジアからの誘致を強化する動きもあり、ロッテ免税店は昨年後半に日本市場を担当する作業チームを設置、東南アジアの旅行会社関係者を視察旅行に招待するなどしている。

参考消息網によると、中国人観光客の訪韓旅行をめぐっては、韓国・中央日報が16日付で「中国人観光客の穴を東南アジアの客が埋めるかもしれない」とする記事を掲載した。中国人観光客の韓国旅行に対する認知度、人気がともに低下したのとは対照的にタイやインドネシアなどはいずれも上昇傾向。認知度ではタイが昨年1位だった中国を抜く結果となった。韓国・慶熙大学の教授は中国人観光客で低下が起きた原因として高高度防衛ミサイル(THAAD)問題や中国の「限韓令(韓流禁止令)」を指摘、「中国人観光客の数は増えているものの、旅行満足度が下がっていることやネットに投稿される旅行体験談も原因の1つ」と分析している。(翻訳・編集/野谷)