あるアナリストの調査によると、iPhone 8の画面は『iPhone 7 Plus』よりも大型になり、FaceTimeカメラの近くに新しいセンサーが追加されます。

iPhone 8の画面サイズは5.8インチ?

Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏の調査によれば、今年発表されるiPhone 8は5.8インチの有機ELディスプレイを搭載します。

さらに4.7インチのiPhone 7sと、5.5インチのiPhone 7s Plusも発表するとしています。

これが事実なら、iPhone 8はiPhone 7 Plusよりも大型の画面を搭載することになりますが、すなわち本体が巨大化するとは限りません。

iPhone 8には、画面を取り囲む縁が薄くなる・側面も包むような画面が採用される・FaceTimeカメラやTouch IDセンサーは画面に内蔵されるといった噂もあり、本体の巨大化は避けつつ、画面サイズを広げる可能性も考えられます。

これまでの噂では、4.7インチと5.5インチの中間サイズとして5インチ前後のモデルが今年発表されると言われていました。
「iPhone 8」のサイズは3種類? ○インチ版が登場か

iPhone 8はセンサーで顔・ジェスチャーの認識精度を向上?

FaceTimeカメラの近くにレーザー・赤外線を使ったセンサーが追加される、ともArcuri氏は予測。被写体の顔やジェスチャーを識別する精度の向上が期待されます。

これがいったい何に使われるのか、具体的なことは分かっていません。顔認証・虹彩認証に使われるかもしれません。

iPhone 8のデザインは『iPhone 4』と同じような構造になるとされ、ワイヤレス充電への対応・耐水性能の向上も噂されています。
→ iPhone 8は5年ぶりの新デザインで登場か
→ iPhone 8で耐水性能が向上?
→ iPhone 8に盛り込まれる2つの新機能

参考

New supply chain reports lend weight to 'wraparound' 5.8-inch 'iPhone 8' with embedded sensors - AppleInsider