【詳細】他の写真はこちら

クルマに住む」といってもレベルは様々。実際に住めるレベルのキャンピングカーから自宅に1部屋を追加する気分で選べる軽自動車やコンパクトカーまで、今買える「住めるクルマ」をご紹介しよう。

 

居住性レベル1 軽自動車

 

「しょせん軽でしょ」と侮るなかれ。最近の軽自動車は車中泊など軽くできてしまうほどのスペースを誇るモデルも珍しくない。維持費の安さも見逃せないポイントだ。



ダイハツ

ウェイク

価格:135万円〜

「ドデカクつかおう」が合言葉なだけに、シートアレンジ次第で横になれるのはもちろん、自転車2台を収納するなど、様々な使い方が可能。助手席を後ろに倒せば寝床に、前に倒せばテーブルとして使えるので、リビングにもなってしまう。(製品ページ)





スズキ

エブリイワゴン

価格:142万5000円〜

軽ワゴンNo.1の室内空間を誇り、2列目シートを倒せばフルフラットな空間が出現。車中泊はもちろん、キャンプ道具も積める。(製品ページ)



ホンダ

N-BOX

価格:119万8000円〜

ホンダ得意の「センタータンクレイアウト」で2.18mのゆとりある室内長を確保。リアシートは前にも後にも折り畳める構造だ。(製品ページ)

 

居住性レベル2 コンパクトカー

 

「住めるクルマ」としての進化が最も著しいのが、実はこのジャンル。今年発売の『フリードプラス』や『タンク/ルーミー』は本当に暮らせるレベルの広さを確保する。



ホンダ

フリード/フリードプラス

価格:188万円〜

クラス最大級の室内スペースを誇り、5人乗りの『フリードプラス』では後席を前方に倒して床をフラットにした「おやすみモード」にも対応する。(製品ページ)





スズキ

ソリオ

価格:145万4760円〜

これが本当にコンパクトカー!? とビックリするような室内空間を実現。リアシートはリクライニング角が深いだけでなく、前方にもスライドして寝られる快適性を確保する。(製品ページ)





トヨタ

タンク/ルーミー

価格:146万3400円〜

「1LD CAR」というコンセプトの通り、自宅に1部屋増えたような空間を確保。リアシートをフラットにした状態で使える位置に、読書灯やドリンクホルダーも装備する。(タンク/ルーミー 製品ページ)

 

居住性レベル3 ミニバン

 

もはやミニバンクラスの室内が広いのは当たり前。2、3列目シートの畳み方が各社で異なるので、車中泊に利用したいのなら、その点に注意して選びたい。



トヨタ

ノア/ヴォクシー

価格:225万4255円〜

7人乗りと8人乗りが選べるが、2列目がキャプテンシートの前者でもシート同士を寄せられる。2列目のチップアップも可能だ。(ノア/ヴォクシー 製品ページ)





日産

セレナ

価格:243万5400円〜

1列目と2列目の間を移動させられる「スマートマルチセンターシート」で多彩なアレンジを実現。3列目のテーブルとして活用することも可能な設計だ。(製品ページ)

 

居住性レベル4 ワンボックスタイプ

 

「住める」のは当たり前、と言わんばかりの広さを誇るワンボックスタイプ。居住性を高めるカスタムパーツも豊富なので、自分好みの空間にアレンジして暮らしたい。



日産

NV350 キャラバン

価格:194万8320円〜

3m超の荷室長は4ナンバークラストップ。純正のベッドキットも用意され、このクラス初の自動ブレーキ付きが選べるのもポイントだ。(製品ページ)





トヨタ

ハイエース

価格:199万145円〜

ワゴンとバンが選べ、ボディ幅やルーフ高も選択可能。サードパーティ製のカスタムパーツも豊富で、キャンピングカーのベースにも。(バン/ワゴン 製品ページ)

文/増谷茂樹

※『デジモノステーション』2017年2月号より抜粋

関連記事



“移動する”から“住む”へと進化。未来のクルマは家を目指すのか!?

30年もクルマに住んでる人が日本にいるって、本当ですか?(本当です)