18日、中国新聞網によると、中国の春節連休を前に、「レンタル彼氏」の料金が急上昇している。資料写真。

写真拡大

2017年1月18日、中国新聞網によると、中国の春節(旧正月)連休を前に、「レンタル彼氏」の料金が急上昇している。

帰省シーズンとなる春節連休は中国の独身男女にとって親や親戚から「結婚はまだ?」とせかされる頭の痛い時期でもある。この時期に特に注目を集めるのが恋人役の相手を「レンタル」するサービスだ。「レンタル彼女」に加え、近年は「レンタル彼氏」も出現、しかも1日当たりの利用料金が1000元(約1万6500円)を超えることも珍しくなくなっている。

事情に詳しい人の話によると、通常は600〜1000元だが、春節間近は書き入れ時とあって1000〜1500元に上昇。「世間の人々が男性に求める条件は高いため、春節シーズンはレンタル彼氏の方が料金が高めになる」という。

「これまで数回、レンタル彼氏になったことがある」と話すのは、司法試験を終えたばかりの30代男性だ。男性は「レンタル彼氏を見つけやすいかどうかは女性側の要求次第。条件に合えば契約を結び、手付金を受け取る」とコメントし、寝室については「同じ部屋で寝ることはないが、自分があれこれ考えなくても女性の親が別々の部屋を用意してくれる」。別の男性は「お金もないし彼女もいないから自分も帰省は嫌。レンタルの注文が入れば旅行を兼ねられる」と声が掛かるのを心待ちにしている。(翻訳・編集/野谷)