「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の富川家が崩壊の道をたどっていく…/(C)テレビ朝日

写真拡大

ひょんなことから家族4人全員が就職活動をすることになり、平穏だった家族に大きな転機が訪れるという、三浦友和主演のホームドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)。

【写真を見る】三浦友和、黒木瞳ら喪服の富川家の意味するものとは…!?/(C)テレビ朝日

洋輔(三浦)は、早期退職の相談に乗っていた女性社員・川村優子(木村多江)から突然セクハラ疑惑をかけられるという、裏切り行為で窮地(きゅうち)に追い込まれる。

会社からは「このままでは役員昇進だけでなく、社員という立場も危うくなる」と忠告され、社長の的場(中丸新将)から「彼女を説き伏せることができなければ、役員昇進だけでなく、社員という立場も危うくなる」と忠告されてしまう。

身に覚えのない優子の告発に戸惑う洋輔は、真実を明らかにしようとするが優子は「お願いだからもう付きまとわないでください」の一点張り。

固い信頼関係で結ばれていたはずの部下たちからも「まさかあの富川部長が…」と白い目を向けられ、次第に会社内で居場所を失っていく。ついには人事担当常務・織部(山田明郷)から、新部署が決まるまで自宅待機を言い渡されてしまう。

夫の役員昇進に喜ぶ水希(黒木瞳)に事実を言い出すことができず、出社するフリをして公園で時間を潰す洋輔は、そこで同じ境遇の天谷(段田安則)と出会う。同情のまなざしを向ける天谷に、洋輔はたまらず「私はあなたとは違う」と言い放つ。

だが、会社からは非情な通達を受けることになり、窮地に追い込まれた洋輔は、長く勤めた会社に別れを告げるという選択をしようとしていた…。

オンエア直前、このたび公開された写真では、川が見晴らせる場所にマイホームを購入、という晴れ晴れしい出来事には似つかわしくない喪服に身を包んだ4人、そしてその表情も決して明るいとは言えず…ある種の違和感を抱かせる。このシーンは、今後の富川家の行く末を暗示しているのか?

役員に昇進して明るい未来へと突き進むはずだった、洋輔の退職をきっかけに崩れ始めていく富川家。ジェットコースターのごとく急降下していく家族の運命は…。