「年収1000万」稼ぐ素質がある男性の特徴・6つ

写真拡大

合コンなどで気になる異性と出会ったとき、顔や性格はもちろんですが年収も気になるところ。でもその男性にズバリと年収を聞くのは難しいですよね。そこで今回は「年収1,000万円稼ぐ素質のある男性の特徴」について、社会人男性のみなさんに詳しく教えてもらいましょう!

(1)人脈作りが上手い

・「どんな相手とでも対等な関係を築ける営業力がある」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「頭のよさや要領のよさ、あとは人脈じゃないかなと思います。結局一人では稼げないと思うので、周りに恵まれてるんじゃないかなと思います」(22歳/その他/その他)

仕事はスタンドプレーではなくチームプレーです。周囲とのコミュニケーションが取れないと、仕事が上手く回らないですよね。仕事ができる男性は周りからも慕われるので、それがいい人脈につながりそうです。

(2)決断力と行動力がある

・「決断力と行動力があり動き出しが早い男性」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「やる気と行動力がある。やると決めたらその日からやる」(31歳/その他/営業職)

優柔不断な性格の男性は、あまり仕事ができるようには見えません。仕事を円滑に進めるためには、決断力と行動力はマストです。先を読んですぐに行動に移せる男性は、優柔不断な男性よりも出世が早そうですよね。

(3)リーダーシップがある

・「自分が率先して、周りの人を引っ張っていく力がある」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「異なる意見を調整してまとめることができるだけのコミュニケーション能力を持っている」(37歳/その他/その他)

職場にはさまざまな考え方を持った人がいますが、その人たちの意見をまとめて引っ張っていける男性は、将来有望ですよね。リーダーシップがあるかどうかは、仕事ができるかどうかの判断基準になりそうです。

(4)真面目に取り組む

・「何事にもまじめで誠実に取り組んでいる」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「なんだかんだ真面目にコツコツやるタイプが一番強いと思う」(38歳/その他/販売職・サービス系)

年収1,000万円を稼ぐとなると、仕事ができるのは大前提です。そして仕事がバリバリできる人は、何事にも真面目に取り組んでいるもの。コツコツと努力できる男性は、仕事でも大きな成果を上げそうですよね。

(5)ポジティブシンキング

・「考え方がポジティブ。考えてもらちがあかないことに深く悩まない」(31歳/自動車関連/技術職)

・「楽観主義でクヨクヨせず、すぐに頭切り替えて何にでもチャレンジする人」(31歳/電機/事務系専門職)

年収1,000万円を稼ぐには、ネガティブ思考ではなくポジティブ思考が大事なようです。仕事の失敗をいつまでもクヨクヨ悩んでいる暇があったら、頭を切り替えて別のことに挑戦したほうが時間を有効に使えますよね。

(6)自己管理がしっかりしている

・「自己管理がしっかりできて規則正しい生活ができる人」(29歳/建設・土木/その他)

・「スケジュールや計画をしっかり立てることができる人」(22歳/その他/その他)

年収が高い人ほど、自己管理能力に長けているイメージがありますよね。夜遅くまでダラダラ飲んだり、予定を先延ばしにしたりなどの行動はしなさそうです。自己管理とスケジュール管理の徹底は、仕事ができる男性の大きな特徴と言えそうですね。

■まとめ

「年収1,000万円稼ぐ素質のある男性の特徴」として、リーダーシップがあることや決断力と行動力があることなどが挙げられました。同性目線の意見だからこそ、信ぴょう性がありますよね。今度の合コンで気になる男性がいたら、これらの素質があるかどうかこっそりチェックしてみては? 意外と当たっているかもしれませんよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳〜39歳の働く男性)