札幌FW都倉賢、Instagramで起こった「予想外」の影響とは

写真拡大

昨シーズンのJ2で19ゴールをあげ、北海道コンサドーレ札幌の昇格に大きく貢献したFW都倉賢。

“とっくん”の愛称で知られるストライカーは、名実ともにコンサドーレの「顔」となった。

そんな都倉はJリーグきっての男前で、女性ファンも少なくない。Instagramには2万人近いフォロワーがいるのだが、このほどその数が急激に増えたのだそうだ。

奥さんが美人だから?オフシーズンだから?J1昇格を決めたから?

都倉がその理由を明かしてくれた。

その理由は、札幌加入が内定しているチャナティップ・ソンクラシンにあるようだ。

チャナティップは“タイのメッシ”と呼ばれており、国内で圧倒的な人気を誇る。そこでチャナティップの移籍で札幌のことを知ったファンが続々とチームメイトをフォローし、都倉のフォロワーが増えたようだ。

タイのサッカー人気は欧州に負けないほどであり、そのことがよく伝わってくるエピソードだ。

158cmのチャナティップと187cmの都倉が並ぶとこんな感じ。両者の身長差は29cmある。

チャナティップの契約については6月までがテロ・サーサナからの期限付き移籍扱いで、完全移籍は7月からとなる。