「トレスポ」といったら汚いトイレ! - ポスタービジュアル

写真拡大

 社会現象となった大ヒット作『トレインスポッティング』(1996)の約20年ぶりとなる続編『T2 トレインスポッティング』が4月8日より日本公開されることが明らかになった。主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジなどオリジナルのスタッフ&キャストが再集結し、一癖も二癖もあるキャラクターたちの20年後を活写する。

 『トレインスポッティング』は、アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化した異色青春ドラマ。スコットランド・エディンバラに暮らすドラッグ中毒の主人公レントンと仲間たちのハチャメチャな日々をスタイリッシュな映像でつづり、1990年代ポップカルチャーの代名詞と言われるまでになった。

 その続編となる本作では、やっぱり物分かりのいい大人にはなれず、いまだに荒んだ人生を疾走する彼らが20年ぶりに再会。大金を持ち逃げしたレントン(ユアン)は20年ぶりにオランダから舞い戻り、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)はパブを経営しながら売春・ゆすりを稼業とし、家族に愛想を尽かされたスパッド(ユエン・ブレムナー)は孤独に絶望し、ベグビー(ロバート・カーライル)は刑務所に服役中で……。併せて公開されたポスタービジュアルでは、20年たっても相変わらずな4人の姿を確認できる。(編集部・市川遥)

映画『T2 トレインスポッティング』は4月8日より丸の内ピカデリーほかにて公開