恥ずかしくて死にそう……! デート中に起こった「生理事件簿」5つ!

写真拡大

生理中に彼氏とデートをするときには、漏れていないかなど常にハラハラしながら過ごすという女性もいるのではないでしょうか? そんな中、これはさすがにまずかったな〜と思うような、デート中に起こった生理に関する失敗について、女性たちに伺ってみました。

(1)車の座席シートを汚してしまったこと

・「助手席の座席シートを汚してしまった。バレないようにとにかくこすって、知らない振りして帰った」(34歳/学校・教育関連/その他)
・「彼氏の車のシートに血をつけてしまった」(28歳/自動車関連/その他)

車で迎えに来てもらったり、ドライブデートをする機会もあるでしょう。そんなとき、彼氏の座席シートを汚してしまったとしたら……。考えただけでもぞっとしてしまう失敗ですよね。

(2)イライラして八つ当たりをしてしまった

・「お腹が痛くてイライラしていて八つ当たりしたらめちゃくちゃ怒られた」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「とにかくイライラしたので気遣ってくれたのに当たり散らした」(28歳/医療・福祉/その他)

生理中は、気をつけていてもどうしてもイライラしてしまうという女性もいるでしょう。一緒にいる彼氏に八つ当たりをしてしまい、イヤな思いをさせたり、大ゲンカになってしまったという女性もいるのではないでしょうか?

(3)経血が漏れてしまった

・「漏れてたことに気づいて、テンションが下がった。彼氏が気を使って楽しませてくれようとしたけど、逆にそれがうっとうしくて怒ったらケンカになった」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「替えのナプキンを持っていくのを忘れた上、量が多い日だったので経血が漏れてしまったこと」(28歳/その他/クリエイティブ職)

デートの最中、経血が漏れてしまい洋服を汚してしまった経験のある人もいうるのではないでしょうか? 洋服を汚さずに済んだとしても、下着が汚れてしまっただけで落ち込んでしまいそうですよね。

(4)トイレから長時間出られなかった

・「特に遭遇したことはありませんが、想像するにやはりトイレの時間が長すぎたことぐらいかな」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「生理中は下痢気味のときもあり。デート中、腹痛でトイレにこもりお腹をこわした」(28歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

生理になるとお腹を下してしまうという人もいるのではないでしょうか? あまりの腹痛でトイレから立てなかったり、お腹を下してこもりっきりになってしまったという失敗を持つ人も多いようです。

(5)お腹が痛くてデートに集中できなかった

・「お腹が痛すぎて、話をまったく聞けてなくて、終始怒ってるみたいになった」(32歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「思った以上に生理がひどく、あまり話を聞いていなかったり、お尻ばっかり気にしていて、だいぶそぞろになってしまたこと」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

生理痛がつらすぎて、彼氏の話がまったく耳に入ってこなかったという女性もいます。お腹が痛いときは、その痛みに耐えることに必死すぎて、周りが見えなくなってしまうことだってありますよね。

■まとめ

生理中の経血漏れなどは、十分注意していても起こってしまうことがあるため、デート中は不安で仕方がないという人も多いのではないでしょうか? こうした失敗が怖くて、生理中はデートができないという女性もいるようですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数164件(22〜34歳の働く女性)