現実の「ウルトラマン=ウルトラな男」のためのトヨタ86「M78×86」が登場!

写真拡大 (全17枚)

単なるお遊びコラボじゃない本格的な男のギア

A MAN of ULTRAとは、日常に『ウルトラな男』を創り出す、ということをコンセプトにした、ウルトラマンをモチーフとしたブランド。

あえて、ウルトラマンや怪獣をリアルに表現せず、ウルトラマン関連のアーカイブをセンス良く商品開発するということがコンセプトになっていて、すでにアパレルや腕時計、などファッション関連グッズを多数創出している。ウルトラマン世代だけでなく、老若男女を問わず指示されているハイセンスブランドになっているのだ。

そんな、A MAN of ULTRAが『ウルトラな男』のためのギアとして提案するのがクルマである。プロジェクトリーダーの佐藤佳代子さん(フィールズ)は「ウルトラな男が乗るに相応しいクルマを世のなかに出したいと思って、プロジェクトをスタートさせました。A MAN of ULTRAのクルマを発表することができたということは、メディアのみなさんや、各パーツメーカーの皆さんに協力いただいたからだと思っています」と話す。

今回のプロジェクトの相談を持ちかけたのが、クルマとバイク専門のフリーペーパーahead編集長の近藤正純ロバートさんであり、そこからプロジェクト参加メンバーが続々と増えていき、2017年1月13日〜15日、幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」にてアンベールされることになった。

発表された86には、M78×86というサブネームが付けられていた。これは、ウルトラマンの故郷であるM78星雲と86のコラボであるということを象徴するもの。

主要カスタマイズの内容は以下の通りだ。M78×86のエンブレムが装着され、フロントグリルには、TOYOTA 2000GTのTグリルをオマージュしたグリルガーニッシュを装着。

ウルトラマンの象徴的なカラーである赤を使った、オーバーフェンダーやルーフモールを装着して、さり気なくオリジナリティをアピールする。また、アルミ製のリヤウインドシェードやサイドピラーパネル、サイドウィンドモールなどを装着して、リッチな雰囲気を高めている。

センスの光るインテリアが男のやる気をかき立てる!

また、このクルマ最大の特徴は内装にある。ホワイトとグレーのモノグラムデザインを採用したシートカバーやショルダーパッド、センターパネルなど上質な雰囲気のインテリアパーツが、ドライバーをウルトラな男へと駆り立ててくれるはずだ。

東京オートサロンで発表された、TOYOTA 86×A MAN of ULTRA『M78×86』は、大阪オートメッセ2017(2月10日、11日、12日開催)でも展示される。当日は、オートサロン同様に、ウルトラマンも来場する予定だ。M78×86オリジナルグッズ(マグカップやトートバッグなど)も発売されるので、関西エリアの方は、ぜひ大阪オートメッセにM78×86を見に行こう。