写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クルマの電子化・電動化、ADAS、自動運転、軽量化など、自動車業界における最重要テーマの最新技術を一堂に集めた展示会「第9回 オートモーティブワールド(オートモーティブワールド2017)」が2017年1月18日から20日にかけて東京ビッグサイトにて開催されている。同展示会において、Infineon Technologiesの日本法人であるインフィニオン テクノロジーズ ジャパンブースでは、同社の自動車向けセキュリティ半導体「TPM(Trusted Platform Module)」を活用した車載セキュアソフトウェアのOver The Airによるアップデート(SOTA)のデモや3Dイメージセンサのデモなどが行われている。

SOTAのデモは、「テレマティクスユニット」、「セントラルゲートウェイ」、「ECU」の3つのパーティショニングに分けることで、セキュアにターゲットとするECUのプログラムの更新を可能にするというもの。テレマティクスユニットのTPMにて、アップデートサーバからのデータが正しいか否かの認証と復号ななされ、それがセントラルゲートに送られ、そこからECUにその情報が流され、アップデートが行われるというもの。実はセントラルゲートウェイにもTPMが配置されており、こちらはセントラルストレージのデータが正しいか否かを判定するためのカギの役割を担うものとなっている。マイコン自体にもある程度の耐タンパ性はあるものの、プロービングやサイドチャネルアタックのような攻撃まで防ぎきれない場合もあり、その際の最後の砦といった役割を担うこととなる。

ちなみにTPMだが、現在、Raspberry Piをホストとして開発ができるプラットフォームも存在しているという。

一方の3Dイメージセンサ「REAL3」は、すでにTango対応スマートフォンとして知られるLenovoの「Phab2 Pro」に採用されたもの。ToFベースの単眼3Dカメラで、今回のデモでは、ドライバーのまばたきの回数などから疲労を判定するモニタリングといったようなものが行われている。ちなみにREAL3は352×288ピクセルの「IRS1125C」のほか、224×172ピクセルの「IRS1645C」、160×120ピクセルの「IRS1615C」の合計3製品がラインアップされている。

(小林行雄)