レイジから「こいつは、かわいいと言われる方法を知りつくした男。イライラする」と言われたレオン。ファンの「かわいー」という声に、“ミーアキャットポーズ”でかわいさアピール!

写真拡大

AR performersによるライブ「AR performers『1st A'LIVE(ファースト アライブ)」が1月14日、15日に東京・ディファ有明で行われた。

【写真を見る】レイジとダイヤのレベルクロスは、「Eyes on Me」でバトル!

AR performersとは優れたスキルを持つプロフェッショナルが集結し、魅力ある「AR【拡張現実】performer」を造り上げるというプロジェクト。

キャラクターデザイナー、CGクリエイター、ミュージシャン、ボイスアクター、アクター、ダンサー、ゲームクリエイターらが、現実世界では存在し得ない圧倒的な魅力を持つアーティスト・AR performerを作り上げていくというもので、現在はシンジ、レベルクロス(レイジ&ダイヤ)、レオンの3組が活動している。

'16年4月の初披露公演「β LIVE」以来、2回目となった今回のライブ。裏でキャラの声が聞こえただけで歓声が起こるなど、開演前からファンの期待が高まる中、シンジ、レベルクロス、レオンのMCで1日目第2公演がスタート。

「第1ステージが終わって力が抜けるような感じがあった」(シンジ)、「俺は朝起きたときと変わらない。なぜならさっき仮眠したからだ」(ダイヤ)、「レベルクロスは常に全開だ。レベルクロスと書いてフルスロットルと読む」(レイジ)、「お前ら盛り上がってるのか!? 全然足りねえな、盛り上がってんのか? よし騒ぐぞ」(ダイヤ)と、それぞれがファンを煽る。

また、レオンは「(ステージデビューは)慣れたんかなあ。ちょっと黄色増えてうれしい」と緊張気味。この公演ではレベルクロス同士の対決が行われることになり、レイジが「いい機会だからどっちが上か白黒つけるぞ」と意気込みを語り、パフォーマンスへ。

シンジの「A Song For You」では、シンジのテーマカラー・青で会場が染まり、ステージで左右に動いてファンに向けて手を振るシンジは、ファンもより激しくペンライトを振る。一方、レベルクロスの「D.O.A」では赤のペンライト一色となった。

シンジは「皆さん曲を覚えてきてくれたみたいで、振りとかやってくださってる方もいて、とてもやりやすかったです。この曲は間奏のステップも重要なところの1つなんですが、思い通りにできたかなと思います」と自身のパフォーマンスに満足げ。

レベルクロスも「極めてレベルクロス的な応援だったな」(レイジ)、「シンジは王子様だろ。おれたちは決闘のイメージだ」(ダイヤ)とコメント。シンジに「(レベルクロスも)格好よかった。歌もダンスも完全にシンクロしていて。2人は恋人同士ではないか?」と褒められ、レイジは「レイジは努力をしない、初めからすべて与えられているからな」と自信満々な表情を見せた。

ここからは、レオンのコーナーに突入。「Logical Dreamer」で会場を黄色のペンライトで染め上げ、「ありがとうございます! まだまだいけますよ。もう1回歌いましょうか?」「(MCとテンションの差があると言いわれ)そこが魅力ですかね。みんなの応援がすごくて、すごくノっちゃいました」とハイテンションでファンとやり取り。

司会の森一丁からの振りを受けて童謡の「雪」を歌い「ちょっと演歌みたいになっちゃいました〜」と照れ、さらに「シンジくんが2倍男になったテイで歌いますね」と宣言してシンジの「The World Is Mine」を自信たっぷりにカバーする。

MCでは“才能”の話題になり、「天才です! ダンスはお父さんの持ってるDVDとかYouTubeで見たんです。歌は小さいころから歌ってたんですけど」(レオン)、「でもプロについてレッスンうけてるわけじゃないんだよね」(森一丁)、「から天才です(笑)」(レオン)と笑顔で語った。

レイジとダイヤのレベルクロス2人によるバトルでは、「まあどっちが上かはわざわざ決めなくても、ここにいる人が分かっている。レイジ、お前以外はな」(ダイヤ)、「ああ、同感だ。歌、パフォーマンスそして美貌、レイジを超えられるのはレイジだけって誰でも分かっているはずだ」(レイジ)とお互いを煽る。バトルは「Eyes on Me」の歌唱で行われ、ファンも「ふれフレ」アプリを利用して参加することに。

森一丁から「1コーラス目、2コーラス目、どっちもダイヤくんが勝ちました」と告げられると、レイジは「そうだな、機械が故障することもあるのか」と不服そう。最終判定でダイヤの勝ちが決まり、「分かり切った結果だからな。でも、こういう対決がこんな早い段階で来るとは思わなかった」(ダイヤ)、「まあシステムのエラーだろう。レイジがダイヤに負けてる部分が1カ所でもあれば言ってみろ」(レイジ)と負けを認めたがらないレイジだったが、「どっちが勝とうがレベルクロスが最強ということでいいだろう」(ダイヤ)、「リーダーはこれからもレイジが続けよう」(レイジ)と2人でまとめた。

レベルクロスはその後「THE KISS」を歌い、ダイヤは「やっぱ、なんか1stの曲ってやるたびに感覚変わってくるっていうか。毎回テンション感変わってくる。今日すごい」と興奮気味に話した。

シンジのコーナーでは、「The World Is Mine」を歌唱。「いい歌が歌えたかなと自分では思ってます。βライブのときのこと思い出して、なんか感慨深いものがありますね」としみじみ語った。

ラストでは、制服に着替えた4人が「最高のGood Bye」を歌い上げ、シンジが「まず、この場をお借りして、このステージを実現してくれた皆さん、作詞・作曲家の皆さん、作り上げてくださった観客席のパフォーマーの皆さん、ありがとうございました。皆さんと作り上げた時間を僕は忘れません。第3ステージに来る方は、また後で」と感謝を伝える。

さらに、「レイジは別れのあいさつが嫌い。サブメンバー諸君、ここに集まった全員に心からのキスを」(レイジ)、「レイジ君、キザなの似合いますね。1曲しか歌えなかったけど、ほんまにいい経験させてもらえました。この瞬間をこれからの人生で、何度も思い出すんだと思います」(レオン)、「誰かトリのコメント代わってくれないかな? 今日、この日のために死に物狂いでやってきた。ここに来た誰が欠けてもこのライブはなかった。それがライブってことなんだ。お前ら愛してるぞ」(ダイヤ)とそれぞれあいさつ。

その後、アンコールの「Show Must Go On」ではファンもペンライトを手に大盛り上がり。最後は、4人が「みんな最高! また会いにきてね!」とファンにメッセージを送り、ライブを締めくくった。

この日行われた“バック(背景)に影が映り、より「そこにいる」感がリアルに感じられる”“ダンスに合わせて衣装がひらひら揺れる”“「『ふれフレ』〜AR performers ライブアプリ〜」を使用”“ライブ中にアプリをダウンロードしたスマートフォンを振って応援し、多く振るとポイントを多く獲得することができる”“ランキング上位に入るとアイドルから紹介してもらえ、お礼のメッセージや目線などがもらえる”といった試みも大成功。演出やアプリが、AR performersの存在を会場のファンたちに感じさせていた。