清水富美加ふんするトーカ
 - (C)2017「東京喰種」製作委員会

写真拡大

 窪田正孝主演で2017年夏に公開される映画『東京喰種 トーキョーグール』のヒロイン、霧嶋董香(きりしま・とうか/トーカ)役の清水富美加のビジュアルが初公開された。清水は本役のために髪をバッサリと切り、自身にとって12年ぶりとなるショートカットで撮影に臨んでいる。

 清水演じるトーカは、喫茶店「あんていく」でアルバイトをしている女子高生。見た目は人間の姿をしているが、実は人を喰らう怪人・喰種(グール)。ある事件がきっかけで半喰種となってしまった主人公・金木研を助けることになる。清水は原作漫画のスタイルを再現するため、小学校4年生のときからトレードマークにしていたロングヘアを大胆にカット。清水は「『東京喰種 トーキョーグール』で霧嶋董香を演じるというチャンスを与えて頂いてるからには、切らないわけにはいかないと思い、30センチほどバッサリいきました」と語っている。

 原作の「東京喰種 トーキョーグール」は、石田スイによる累計発行部数2,100万冊を超える人気コミック。半喰種となってしまった大学生の金木が喰種の生活を知っていく中で抱く葛藤や、彼が遭遇する人間と喰種の戦いが描かれる。2014年にテレビアニメの第1期、2015年に第2期が放送されたほか、2015年には舞台化もされた。

 映画では金木役の窪田のほか、金木が半喰種化するきっかけを与える神代利世(リゼ)役で蒼井優、喰種と敵対する捜査官の亜門鋼太朗役で鈴木伸之、亜門とコンビを組む真戸呉緒役で大泉洋が出演する。監督は数々のCMやミュージックビデオ、ショートフィルムなどを手掛けてきた萩原健太郎。

 清水がヒロイン・トーカにふんした姿は、原作「東京喰種 トーキョーグール」の掲載誌・ヤングジャンプの2月2日号(1月26日発売)の表紙&グラビアにも収録されるという。表紙では「あんていく」の制服を着用している清水の劇中衣装姿も披露される。(編集部・井本早紀)