18日、華西都市報によると、湖南省長沙市の男性が銀行口座を開設したところ、突然、約200億円もの大金が入金される騒動があった。

写真拡大

2017年1月18日、華西都市報によると、湖南省長沙市の男性が銀行口座を開設したところ、突然、12億元(約200億円)もの大金が入金される騒動があった。

【その他の写真】

長沙市に住む劉(リウ)さんは、15日午後3時ごろに農商銀行で口座を開設。それから3時間ほど後に、帰宅していた劉さん宛てに銀行から電話があり、「お客様の口座に手違いで大金を振り込んでしまいました。すぐに銀行に来ていただけませんか」と言われた。

実は、新人の銀行員が振込額を入力するスペースに誤って通帳番号を入力したことが原因だった。これを知った劉さんは、すぐに銀行に出向いて入金された12億元余りを銀行に返却。銀行員は劉さんにたばこを1箱プレゼントし、帰り際にはお詫びのしるしか200元(約3200円)を渡したという。

劉さんは、「私の人生で億万長者になれたのは、たぶんこの瞬間だけだろうね」と話し、この件がネットで大きな話題になっていることについて「こんなに大事になるとは思わなかった。彼(ミスした銀行員)にもあまりつらい思いはさせたくない」と語ったという。(翻訳・編集/北田)