newsweek_20170118205914.jpg

写真拡大 (全5枚)

 1907年のピカソの《アビニョンの娘たち》がその誕生とされるキュビスムは、20世紀以降の美術にとって、あまりにも圧倒的な変革を起こしたアートでした。以後、どんな芸術もこの影響を無視しては語りえないとも言われています。

(参考記事:現代アートが彩る道後温泉で、山口晃の手がけた客室に泊まりませんか?

 それほどの大きなムーヴメントは、当然、大正から昭和初期にかけて日本にももたらされます。しかし、同時期に入ってきたフォーヴィスムやシュルレアリスムに比べると、アーティストたちは実験的な創作の後、足早に立ち去り、深められることがありませんでした。
 ところが時を隔てた戦後、1950年代前半に、リバイバルともいえるキュビスム・ブームが見られます。きっかけは、1951年に東京と大阪で開催されたピカソの展覧会でした。洋画のみならず、日本画から彫刻、工芸にまで及んだその影響は、有名・無名を問わず、多くのアーティストの作品に、個々の表現の形を取りながら、活かされていったのです。

日本におけるキュビスムの記念的作品とされる裸婦像。故郷岩手での孤独な探求の中で彼なりのキュビスムに昇華された作品は、大胆なデフォルメ、配色ともに圧倒的な勢いです。萬鐵五郎 《もたれて立つ人》 1917年 東京国立近代美術館

1920年代にドイツでバウハウスの研究を行った仲田の彫刻は、ザッキンやアーキペンコを彷彿とさせます。見る角度でさまざまな貌が浮かび上がり、そこに埋め込まれた数字をつい探してしまいます。 仲田定之助《首》 1924年 東京国立近代美術館


(参考記事:1970年のTOKYOから、熱風が吹いてくる。

 埼玉県立近代美術館では、この二度のキュビスムのムーヴメントを、それぞれ別の文脈でアーティストたちが受容していったという仮説に基づいた、大胆かつ細やかなセレクトで、日本でのキュビスムのかたちを再見する展覧会が開催されています。

 だから展覧会名は、「日本のキュビスム」ではなくて「日本におけるキュビスム」。そして、サブタイトルは「ピカソ・インパクト」。
 世界的にも特異な受け入れられ方をした日本におけるキュビスムの姿は、その理論よりも表現の手法として受け入れられたという文脈でたどったとき、ピカソの衝撃の大きさが見えてくる...。

 ピカソとブラックの作品をはさみ、戦前と戦後のふたつのムーヴメントを振り返る会場は、日本のキュビスムの代表とされる萬鐵五郎や東郷青児をはじめ、独自のキュビスムを追求し続けたただひとりと言える坂田一男から、あまりキュビスムとは結びつけられない堂本尚郎や河原温といった画家たちまで、西洋から遠く離れた日本で、キュビスムが、いかに時系列を無視して同時に入ってきた他の美術動向と融合しているかを感じさせます。

 なぜそのまま定着しなかったのか? どんなかたちでその影響が探れるか? 日本におけるキュビスムとはなんなのか? 問いかけに満ちた空間に並ぶ作品たちは、まるでミステリを読み解くためのヒントのようで、スリリングなアート鑑賞を楽しめます。


踊るように戯れるカップルは視点を変えると読書する大きな顔に...。戦前からピカソに衝撃を受けていた岡本は、彼を乗り越えなければならないと説いていました。 岡本太郎 《まひるの顔》 1948年 川崎市岡本太郎美術館 公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

闇に蠢く裸体はいずれも頭部がありません。戦火にほとんどの作品を失った鶴岡が戦後の虚脱感と向き合い、人間性を取り戻していく時代のもの。互いを踏みつけ、絡み合う四肢の表現にピカソの《ゲルニカ》の表現が重なります。 鶴岡政男 《夜の群像》1949年 群馬県立近代美術館

1952年に京都から上京した吉仲は、河原温や岡本太郎とともに、美術界に新しい機軸を打ち立てるべく活動していました。その意気込みを感じるにぎやかな画面はどこかレジェ風です。 吉仲太造 《生きもの H》 1955年 板橋区立美術館




「日本におけるキュビスム ピカソ・インパクト」

〜2017年1月29日(日)
開催場所:埼玉県立近代美術館
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
開館時間:10時〜17時30分 入館は閉館30分前まで
休館日: 毎週月曜日(1/9は開館)、年末年始(2016年12月26日〜2017年1月3日)
TEL:048-824-0111
観覧料:¥1,100(併せてMOMASコレクションも観覧可能)

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。





坂本 裕子 ※Pen Onlineより転載