写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○メガネ型ウェアラブルデバイス「b.g.」を5種類のデモで体感可能

メガネスーパーは、1月18日から20日まで東京ビッグサイトで開催の第3回ウェアラブルEXPOにて、現在開発中のメガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」を5つのサービスデモとして展示。体験もできた。昨年(2016年)12月にb.g.のプロトタイプが公開されたが、そのときと同じ2つの利用デモに加え、さらに3つのサービス利用例を加えている。

○下部がAR表示となるため、実視界は半減?

昨年の決算発表会では実際の体験はできなかったが、今回はデモ機で試せた。ただし、筆者は普通のメガネを常用しているため(かなり視力が悪い)、b.g.を通じてみた視界が「ぼんやり」していたことをお詫びしておく。もし、メガネで視力矯正している読者諸氏が、ウェアラブルEXPOの会期中にb.g.を体験するつもりなら、コンタクトレンズなどで良好な視界が得られるようにして訪れることをおすすめしたい。

さて、b.g.は、画面の見やすさを重視するために、ノンシースルータイプとなっている。画面は視野の中心下部に表示されるため、下部の左右は黒く覆われたままだ。b.g.を含め最近のメガネフレームは上下の視野角が狭いタイプが多いのだが、筆者はメガネフレームによる視界の狭まりが気になるタイプなので、古い大きな枠のフレームをいまだに愛用している。よって、気分的には視界の半減が少々気になった。一方で、フレームの作りはかなり良く、ホールド感は高い。

デモの中には操作を伴うものもあるが、b.g.そのものには入力機能がない。「現在のb.g.はすべてそぎ落としたもの」(メガネスーパーの東原取締役)ということで、商品化の際には利用事例に応じたカスタマイズオプションが用意されそうだ。

(小林哲雄)