青森山田のエース鳴海。ナイキアカデミー戦でどんなパフォーマンスを見せるか。写真:ナイキ

写真拡大 (全2枚)

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 チャンピオンシップと第95回全国高校サッカー選手権大会の二冠を達成した青森山田高校。1月16日からイングランド遠征中の日本ユース最強軍団が、現地時間18日午後2時から、FA所有のトレーニングセンター、セント・ジョージズ・パークでプロ養成所『ナイキアカデミー』との試合に臨む。
 
 インターハイと選手権でダブル得点王に輝いたエースの鳴海彰人(3年)は、相手が世界中から選抜された猛者で、トム・ロギッチ(セルティック/オーストラリア代表)をはじめ多くのプロフットボーラーを輩出している名門アカデミーでも、まったく怯む様子はない。
 
 午前の練習後、英国の食事に慣れず、選手権後は気持ちのスイッチが一旦は切れてしまったと不安を口にした鳴海だが、話が試合に及ぶとこう力強く語った。
 
「昨日、ナイキアカデミーの練習を見て、たしかにフィジカルは強そうでした。でも、テクニックやスピードは通用しそうに見えました。当たる前に動いたりできればと。僕はフォワードなので、キープ、動き出し、そしてゴールを決めるのが仕事です。ぶ潰してやります」
 
 日本ユース世代では屈指の点取り屋である鳴海は、はたしてナイキアカデミーの分厚い守備網を崩せるのか。要注目だ!
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
【青森山田・英国遠征PHOTO】ナイキアカデミーと互角の勝負! 全選手&外国人選手との迫力のファイトシーン