写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹原作のNetflixオリジナルドラマ『火花』が、2月26日からNHKで放送されることが18日、明らかになった。毎週日曜(23:00〜23:45 ※最終回のみ〜23:50)に、全10回放送される。

これは、18日に行われたNHK放送総局長の定例会見で発表されたもの。初回が放送される2月26日(21:00〜21:49)の『NHKスペシャル』では、「又吉直樹 第二作への苦闘(仮)」と題し、又吉の第2作の執筆に半年間にわたって密着したドキュメントが放送されることも発表された。

又吉は、執筆にあたって「文学性と大衆性の両立」に苦悩しており、なかなか物語が立ち上がっていかない様子も克明に記録しているという。

『火花』は、売れない芸人・徳永(林遣都)と、その彼が師と仰ぐ先輩芸人・神谷(波岡一喜)の姿を通して、笑いとは・才能とは・生きるとは・人間とはを描くストーリー。原作本は第153回芥川賞に輝いたことで話題を集め、現時点での発行部数は、単行本が26刷253万部、文庫初版が25万部で、累計278万部となっている。