最近、友人女性から「彼氏ができた」という報告を受けました。詳しく馴れ初めなどを聞いていくと、どうやら彼氏と勤務先のビルがたまたま同じだったとのこと。出勤前の時間を使った「朝デート」を繰り返しているうちに距離が縮まり、無事結ばれたと彼女はうれしそうに話していました。

そこで今回は、気になる彼との距離をぐっと縮める「朝」の活用法について紹介しましょう。

初級編:LINEは朝に返すべし!


まずは初級編。気になる男性には、朝にLINEを送りましょう。好きな人とはなるべく長くLINEでのやりとりを続けたいですよね! そういう時は、夜の最後に「おやすみなさい」と〆のLINEを送るのではなく、自分から寝てしまった風にLINEを中断。翌朝、「ごめん、寝ちゃってた! おはよう〜!」という風にLINEを再開するのです。そうすれば、いい意味でダラダラとLINEを続けることができます(笑)。相手の1日のはじまりに自分という存在を印象づけておくことはとても大切です。



中級編:気になる男性にモーニングコールをしよう(頼もう)


中級編は、「モーニングコール」略して「モニコ」接近法です。モーニングコールといえば、親や友達に頼む場合が多いかと思いますが、思い切って気になる男性に頼んだり、逆に申し出たりしてみましょう。

この方法のコツは?


相手とLINEや会話を重ねる中で「明日も朝早いんだー」などと相手から送られてきたら、「よかったら起こそうか?(笑)」と提案します。あるいは、逆に自分が朝早いときは「起こしてー(笑)」と勇気を出して送ってみましょう。知人男性曰く、女子にモーニングコールを頼まれると、自分はその子に信用されているのだと思い、ドキッとするそうです。モニコはLINEと違って、相手の声を聞き、自分の声も届けることができるため、よりいっそう自分の印象を強く残せるでしょう。

上級編:一緒に朝活してみる



さて、ここからは上級編。仕事がある日の出勤前や休日の日の朝などに、一緒に朝ごはんを食べにいきましょう。カフェでもファミレスでもいいので、朝の時間を使っておしゃべりしたり、一緒に勉強をしてみたりするのです。

気になる男性にベストな状態で会える


朝に会うことの利点はいくつかあります。まず、女性も男性も、外見的に自分のベストで相手に会うことができます。お化粧の崩れる前、髪の毛の崩れる前の綺麗な自分を相手に見せつけましょう。また、仕事が忙しい相手でも、朝は「前の予定」がありません。忙しい相手から時間をもらいやすいのが、実は朝だったのです。

いかがでしょうか?
“朝”というと無条件に「苦手だなあ……」と思う人が多いかもしれません。しかし、たった1時間の早起きで、気になる相手との距離をぐっと縮めることができれば、「早起きしてみようかなあ」という気になりますよね。いつもより早く起きて、素敵な相手と素敵な1日を始めてみましょう!
(五百田達成)