写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の生田斗真と桐谷健太が18日、都内で行われた主演映画『彼らが本気で編むときは、』(2月25日)完成披露舞台挨拶に、共演の柿原りんか、ミムラ、門脇麦、田中美佐子、萩上直子監督とともに登場した。

同作は『バーバー吉野』『かもめ食堂』『めがね』などの作品を手掛ける荻上直子が脚本・監督を務めたオリジナル作品。母親に家出されひとりきりになった少女・トモ(柿原)が、叔父であるマキオ(桐谷)を頼って家を訪れ、同棲している美しいトランスジェンダーの恋人・リンコ(生田)と出会う。

桐谷は「斗真と恋人役ということで、僕は5年前くらいに連続ドラマでも一緒にしてたので、斗真と俺にしか出せない空気感を出せたらいいなと思って臨みましたね」と作品への思いを語ると、生田も「出ちゃったよね」と同意。

桐谷は、撮影現場で監督から「斗真くん、足もっと閉じて!」「声が男、まだ!」と厳しく指摘を受ける生田を見て、「斗真を美しく見せるお手伝いをしたい」と思ったことを明かした。「今まではどんな映画でも『俺が一番目立ったる』と思ってたんですけど」と振り返りながら、今回は初めて「最高の作品にするお手伝いがしたいと思えた」と述懐した。

生田も、女性役に対して「お芝居とかビジュアルに自信が持てない瞬間も多々あったんですけど」と苦労を語り、「健ちゃん(桐谷)がすごく近くにいてくれて『大丈夫やで、かわいいで』と言ってくれて優しかったです」と撮影中のエピソードを披露。桐谷は「かわいかったもん、こうやってしっとりもするんやで」と会場に語りかけた。

息のあった様子を見せた2人だが、その後柿原が作中でキーとなる編み物について「上手に編むことよりも、大切な何かを本気で編むことで、学べると思っています」とコメントすると驚愕した様子に。「しっかりしてるなおい! 俺たちのワチャワチャしたやつ……」(生田)、「俺らアホみたい」(桐谷)、「『空気出ちゃった』とか曖昧なこと言って」(生田)と反省した。

さらに「良い雰囲気を出した」と言ったにもかかわらず、荻上監督からは「最初に2人が横で並んだ時に、『男どもの友情の匂いがする! それ全然違うから! ラブが足りません!』って」と印象を暴露され、田中も「わかる! そう! でかいの2つ!!」と同意。桐谷は「ここでダメ出しされてる!」と驚いていた。