ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンはあくまでも仕事の関係?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

「SHERLOCK/シャーロック」でシャーロック・ホームズを演じているベネディクト・カンバーバッチと、ワトソンを演じているマーティン・フリーマンは、実はあまり仲が良くないそうで、約6年間も親友同士を演じてきた間柄にしては妙によそよそしく、お互いに丁寧語で会話しているという。

【写真を見る】「SHERLOCK/シャーロック」撮影現場で笑顔を見せるベネディクト・カンバーバッチ/写真:SPLASH/アフロ

撮影後は一緒に時間を過ごすことはないそうで、一つのシリーズが終わって次のシリーズが始まるまでも個人的に会っている様子はないらしい。「ベネディクトとマーティンは友達同士ではない。番組以外ではなんの接触もない」と関係者が英紙ザ・サンに明かしている。

「彼らはとてもプロフェッショナルで、互いに対して礼儀正しいが、6年も一緒に仕事をしてきた人々になら芽生えているだろうと思う関係性の暖かみがない。だから次のシリーズをやりたいという希望もあまりないみたいだ」と関係者は語っており、シーズン5が実現するかどうかには暗雲が立ち込めているという。

「2人がうまくいかないのなら、ワトソン役を交代して続行してほしい」「私はこんなの信じない。一緒に撮影している時は2人ともとてもハッピーそうに見える」「仕事に徹しているんじゃない?私もあまり職場の人たちとは付き合わない」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。

BBC側はシリーズ5製作に前向きなようだがベネディクトとマーティンのハリウッドでのキャリアのために、撮影のスケジュールを組むのが以前より困難になってきているのは確かだ。

同シリーズのプロデューサー、スティーヴン・モファットは、シリーズ4のエンディングについて「これで終了することも可能だ。これまでのシリーズのようなラストにはできなかった。これまでは、次が気になるような思わせぶりな終わり方をしてきたけどね」と英紙ミラーに話していた。【UK在住/MIKAKO】