発表会ではスタジオジブリの鈴木敏夫氏がキャッチコピーを自筆するシーン映像も紹介された

写真拡大

4月29日(土)、30日(日)に幕張メッセで開催されるniconicoのイベント「ニコニコ超会議2017」。そのイベント概要発表会が1月17日に六本木のニコファーレで行われた。

【写真を見る】昨年の「ニコニコ超会議2016」に引き続き、中村獅童と初音ミクの共演による「超歌舞伎」が完全新作で上演決定/※画像は2016年のもの

「ニコニコ超会議」は“ニコニコのすべてを地上に再現する”をコンセプトに、2012年より開催している超巨大イベントで、今回で6回目の開催となる。会場では、ニコニコ動画やニコニコ生放送で親しまれているコンテンツをブースとして展開し、ネットの世界を実際に体験共有できる場を提供している。イベントの模様は各ブースごとにニコニコ生放送で生中継し、会場に足を運ばずとも楽しめるイベントだ。今回のキャッチコピーはスタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫が考案した“この景色の中にあたらしい「いま」”。

今回の目玉のひとつは、昨年の「ニコニコ超会議2016」で初上演され、歌舞伎役者とボーカロイドキャラクターの共演という全く新しい歌舞伎の形を実現した「超歌舞伎」。今回も、昨年に引き続き中村獅童と初音ミクの共演により第二弾となる「超歌舞伎」の上演が決定。完全新作となる今回は、花街(くるわ)を舞台にした、獅童と花魁に扮したミクの恋物語「花街詞合鏡」(くるわことばあわせかがみ)を上演する。

さらに、2014年の「ニコニコ超会議3」で開催し話題となった「大相撲超会議場所」が復活する。幕内力士、十両、力士、親方、裏方など総勢250名以上が参加し、抽選で選ばれたユーザーが土俵で相撲を取れる「わんぱく土俵祭り」などを実施予定だ。

また、新企画「超ロボコンエリア」では、今年で30年目を迎える高専ロボットのナンバーワンを決める大会「全国高等専門学校ロボットコンテスト」、通称“高専ロボコン”が初参戦。過去の全国大会に進出した名作ロボットの数々が登場し、精巧に作られたロボットを間近で見られるほか、来場者はロボットと一緒に縄跳びや輪投げに挑戦することができる。

そのほか、”ぬいぐるみを持った人々を映した写真の最大オンラインフォトアルバム”を作成し、ギネス世界記録に挑戦する企画「超!ギネス世界記録」や、鉄道ファンから毎年人気を集めているブース「向谷実Produce! 超鉄道」の開催も決定。

ボカロ文化が集結する「超ボーカロイドエリア」では今回も、ニコニコ動画に楽曲を投稿している“ボカロP”が一堂に会し、ボーカロイド楽曲のみのDJステージをノンストップでお届けする「超ボカニコステージ2017」を開催するほか、出展企業による超会議限定グッズ販売や新製品の先行体験ができる「超ボカロストリート2017」ブースも設置。

様々な企画で来場者を楽しませ、毎年熱い盛り上がりを見せる「ニコニコ超会議」。例年よりもさらにパワーアップした「ニコニコ超会議2017」から目が離せない。【ウォーカープラス編集部】