また会いたい!! 男性が「2回目のデートもしたい女子に」すること6つ!

写真拡大

気になる彼との初めてのデート。デートで何が一番気になるかと言うと、彼が自分を気に入ってくれているか、次も誘ってくれるかどうかのはず。真意をしりたくても、なかなかストレートに「どう思ってます!?」とは聞きづらいですよね。そこで男性たちに、「2回目のデートをしたい!!」と思った相手には、初回のデートでどんな行動を取るのか、正直なところを聞かせてもらいました。

(1)その場で約束

・「その場で次遊ぶ約束をすること。チャンスだから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「帰り際に、『次も誘っていいかな』と彼女に聞く。次の約束もとりつけたいから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

「絶対にまたデートしたい!」と思ったら、男性はストレートにデートの最中、そのことをハッキリと明言するのでしょう。それが一番、確実な誘い方かもしれませんね。

(2)あとで連絡

・「終わったあと、すぐに2回目の日取りを決めたいと連絡」(32歳/電機/技術職)
・「自分から連絡してデートに誘うこと」(33歳/食品・飲料/技術職)

デートのあと、彼のほうから「またデートしたい! いつがいい?」と具体的な連絡がきたら、間違いなく、2回目も会いたいと思えるだけ心をつかんだ、という証拠でしょう。

(3)楽しかったよ!!

・「今日は楽しかったと言うことを強調する」(38歳/小売店/販売職・サービス系)
・「デートが終わったあとに、『今日は楽しかった』とメールを送る」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

「自分と一緒にいて、楽しんでくれたのなら、また遊びたいな」と思う女性もいるでしょうし、自分のほうもその男性のことを好きなら、「今日は楽しんでくれて良かった!!」と心から安心するはず。

(4)今度は……

・「『次はどこに一緒に行きたい』と言う。ハッキリとした意志を見せる。また今度とかいう曖昧な言葉だと、社交辞令に受け取られるかもしれないから」(37歳/情報・IT/技術職)
・「『次は○○に行きたいな』と言う。素直に次もデートしたいから」(30歳/その他/その他)

なんとなく遠回しな誘い方だったら、社交辞令の可能性もありますが、「○○に行きたい!」とハッキリとした意思が表れている場合は、男性側はだいぶ本気なのでしょうね。女性としても、すぐに次の予定を立てたくなるのでは。

(5)盛り上げる

・「とにかくその場が楽しくなるようにして、2回目のデートの約束をとりつけるようにすること」(34歳/機械・精密機器/技術職)

楽しくないデートをして、「またデートしたいな」と思う相手はあんまりいないでしょうからね。場の雰囲気を盛り上げようとしてくれているのは、好かれたいからなのです。

(6)ごちそうする

・「おごる。いい人に見られたいので」(33歳/商社・卸/営業職)

かたくなに割り勘を希望する女性もいるかもしれませんが、多くの女性は、「おごるよ」と男性に言われたら、うれしいでしょうし、好感を抱くはず。男性もそれがわかっていてやっているのです。

■まとめ

「2回目のデートがしたい!」と男性側が切に願っている場合は、おおむね、わかりやすいサインが出ているようです。ストレートに2回目のデートに誘われたら、「社交辞令かも……」なんて変に勘繰らずに、こちらからも積極的にデートの日取りなどを提案していきましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22〜38歳の働く男性)