映画でオードリーを演じたいと自身のサイトに書いたケンダルに非難が集中している/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヴィクトリアズ・シークレットの人気モデルとして大ブレイク中のケンダル・ジェンナーが、伝説の女優オードリー・ヘップバーンを演じたいと発言し、炎上騒ぎになっている。

【写真を見る】ハリウッド黄金時代を支えた女優オードリー・ヘップバーン/写真:SPLASH/アフロ

『ローマの休日』(53)、『ティファニーで朝食を』(61)でのオードリーは女優としてのみならず、ファッションアイコンとしても人気を博し、亡くなって20年以上たった今でも、世界中の人々から愛されている稀有な存在だ。

ケンダルはオードリーの写真と共に、「オードリーと似ているなんてうぬぼれだっていうのはわかってるけど、できるなら映画でオードリー・ヘップバーンを演じたいわ。彼女は、とても上品で才能に満ち溢れている女性よね。マリリン・モンローと同じくらい好きだけど、マリリンは私の体型ではとても無理ね。ハハ」とkendallj.comに彼女への愛を打ち明けた。

これについてデイリー・メール紙が、「ケンダルはオードリーに外見が似ているわけではないが、細さと顔の構造が似ている」と分析したが、一般市民の怒りが爆発。

「うぬぼれなんてもんじゃない!」「うぬぼれじゃなくて、冗談でしょ?」「別にオードリーの熱狂的なファンじゃないけど、一言いいたい『調子にのるな!』」「言論の自由があるとはいえ、願望を口にするだけでもおこがましい」「二度と口にしないでね。よろしく!」

「外見も似ていないけど、品性があまりに違いすぎる」「せいぜい真似できてもファッションのコピー」「リアリティ番組『キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ』のモデルが、オスカー女優を演じたいって?」「オードリーの親族は、全力でつぶしてほしい」「オードリーのイメージと品位が穢れるだけ!」と厳しいバッシングを受けている。【NY在住/JUNKO】