大阪府公式マスコット「もずやん」のグッズ第1弾

写真拡大

印章・スタンプ・文房具を手がけるシヤチハタ(名古屋市西区)は2017年1月18日、大阪府の公式マスコット「もずやん」のグッズ第1弾の販売を開始した。

18日発売のネーム印「もずやんネーム9」は、印面にもずやんのイラストが入っている。一方、22日発売の「もずやんキャップレス9」は、腕というか...翼を高々と上げるもずやんが本体にプリントされている。

ベースは認印のド定番「ネーム9」

「もずやんネーム9」のベースは、認印の超定番であるシヤチハタの「ネーム9」。もずやんのイラストと名前を組み合わせたオリジナルのネーム印で、印章店、文具店などで印面をオーダーして作製する別注品だ。ボディカラーはブラック、パールピンク、ペールブルー、ペールイエロー、ペールグリーンの5色展開。価格は2150円(税別、以下同)。

「もずやんキャップレス9」は、白いボディーに大阪の文字ともずやんのイラストをあしらったネーム印。なつ印時にキャップが自動で開くウィングシャッター機構により、キャップを外すことなく片手でスマートになつ印することが可能だ。商品購入時に印面は付属しておらず、インターネットまたは専用ハガキで印面を申し込むメールオーダー式。カラーはホワイトのみで、価格は1300円。

大阪府広報担当副知事として日々大阪府政の情報発信に全力で取り組む「もずやん」。昨年夏にグッズ化の権利を売り出したところ、応募はゼロ件だった――。酉(とり)年である今年、「『羽ばたけ!!もずやん』イヤー」と位置付け、知名度向上のため「羽ばたけ!!もずやん」プロジェクトを始動。早速公認グッズの発売が実現した。

同プロジェクトでは今後、日本全国に多数いる鳥をモチーフとしたキャラクターが一堂に会して鳥系キャラクターの未来について討論する「全国バードサミット(仮称)」の開催を目指している。イベント開催や有名人・人気キャラクターとのコラボレーションを数多く実施し、露出の機会を増やすことで知名度アップを図る目論見だ。イラストの使用についても無償で開放し、企業に対して活用や商品化を呼び掛けていく。