17日、人民網によると、このほど発表された「人材競争力ランキング」で、中国は54位となった。資料写真。

写真拡大

2017年1月17日、人民網によると、このほど発表された「人材競争力ランキング」で、中国は54位となった。

「人材競争力ランキング」はスイスに本部を置く人材サービス会社・アデコグループやインシアード(INSEAD)などが、世界118カ国を対象に行った国際調査(Global Talent Competitiveness Index)を基にまとめたもの。人材の育成や獲得、維持について各国をランク付けしている。

記事によると、1〜10位はスイス、シンガポール、英国、米国、スウェーデン、豪州、ルクセンブルク、デンマーク、フィンランド、ノルウェーとなった。

日本は22位、中国は54位だった。報告では、中国は大学教育など人材育成の面では高く評価されたものの、優秀なグローバル人材にとっての魅力は低評価だった。一方、日本はハイレベル人材の育成や人材引き留め(衛生環境や年金など)の面では高評価だったが、女性のビジネスチャンスや外国人労働者の受け入れなど、人材を引き付ける魅力の部分で比較的低い評価が下された。(翻訳・編集/北田)