キャサリン・ハイグル

写真拡大

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』のイジー・スティーヴンス役で大ブレイクし、現在は映画界にも進出し大活躍中のキャサリン・ハイグル。以前、初となる実子を懐妊していたことは当サイトでもお伝えしていた通りだが、 昨年12月20日に男子を出産していたことを米Entertainment Tonightなどが報じた。

2007年にミュージシャンのジョシュ・ケリーと結婚したキャサリンには、2009年に韓国から養子に迎えた8歳の娘ナーリー・ムーンちゃんと、2012年に同じく養子縁組で迎えたアフリカ系のアデレイド・マリー・ホープちゃん4歳がいるが、昨年夏に懐妊した喜びをメディアに伝えていた。初めての実子で、第三子となる男の子は、ジョシュア・ビショップ・ケリー・ジュニアくんと名付けられた。

出産の前の12月3日には、キャサリンの母親が手配した、豪華なベイビーシャワーの様子もInstagramで掲載している。キャサリンは自身のブログで「クリスマスシーズンは我が家ではとても大切なものなの。この子がこの時期に生まれた今となってはさらに重要な時期になったんだけど、それだけじゃなくて、ジョシュと私は、結婚記念日も12月23日にお祝いするからなのよ。だから、私たち家族にとって12月は、色んな意味で喜びと感謝に満ち溢れた1カ月なのよ!」と述べている。

なお、2月15日(水)放送開始の米CBSの新作ドラマ『Doubt(原題)』で主演を務めるキャサリン。同作では、凶悪犯罪で起訴された男の弁護を引き受け、その彼と恋愛関係に陥る弁護士役を演じている。(海外ドラマNAVI)